創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の内外情勢概観

<<   作成日時 : 2013/04/20 23:28   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

シリアのアレッポ完全解放作戦の進展
2013.6.14
  中東全体の戦略的要衝シリアのHomsと、その西南にある売国反乱軍の最後の拠点El Qusayrクサイルが政府軍により陥落したあと、シリア政府軍は、北部の経済的要衝アレッポ完全解放の決戦を首尾よく進めている。
  東の隣国イラクでは、シリア反乱勢力によるテロ事件でこれまで1000人以上が殺されてきた経緯もあり、イラク・シーア派政府は、シリアでスンニ派の売国反乱軍が勝利した場合の脅威を感じて、シリア援助に乗り出しており、石油輸出資金、武器・弾薬で援助を行っている。イラク占領米軍はこれを妨害出来ないでいる。これは、イラクからまだ大部分の占領米軍が撤退していないのに、米帝没落の象徴の1つになっている。
  イラクのマリキ政権は、国内テロリストらがシリア反乱軍へ武器・弾薬その他を供給する犯罪を阻止するため、20,000人の部隊をシリア国境に展開している。DEBKAfile通信によれば、6・9に初めて国境を横切る2地点で、イラク政府軍とシリア反乱部隊の大軍事衝突が起って、政府軍は損害を受けたが、敵を撃退した。イスラエル内からの情報によれば、この連合によりシリア領深くで反乱部隊急襲作戦が準備されている。マリキ首相は閣議で、「アルカイダ」、「Jebhat an-Nusra」等のテロ組織の活動が活発化していると指摘した。シリア反乱軍を援けるCIAの作戦だろう。
  イスラエルがシリア内戦へ深入りする途上で、2006年の第2レバノン戦争の失敗以来前例のない軍司令部に対する不満が、一連のサイトとブログで叫ばれている。イスラエルの特殊部隊と軍諜報部は、シリアのスンニ派イスラム原理主義者らとの事実上の同盟に不満を表明していて、反乱軍成功の過大評価と政府軍勝利の過小評価でも批判している。彼らは、戦闘行動での虚偽の評価がイスラエル政府の誤った決定を来たしうると警告している。
  軍諜報部AMANに近いDEBKAfile通信は、アサドが国土の40%しか持ち堪えていないで、暴徒らはダマスカスの大部分を支配しているかのように主張したヤロン国防相の6・3演説をずばり批判した。実際はシリア反対派は首都で殆ど完全に粉砕されて、あるのは孤立した抵抗発生地だけだという情報を、イスラエル諜報機関は持っている、と書いている。しかしそのEl Qusayrも最近陥落した。他の戦線でも同様で、政府軍は「ロシアとイランの供給のお蔭で」至る所で暴徒らを駆逐していると、同通信は書いた。またシリアの弾薬庫爆撃等のイスラエルのシリア軍事干渉は、政府軍の士気を高めて住民の目に反体制派の権威低落を助成してるだけだと批判している。
  アルカイダのリーダー・ザワヒリも、シリア反体制派の敗北を懸念している。 米国のFlashpoint Global Partners社は、シリアで2012.7〜2013.5に殲滅された外国戦闘員の大多数はアルカイダ関連で、 この間に殲滅された280人以上の外国戦闘員らは米国、チェチェン、コソボ、エジプト、ヨルダン、チュニス、リビア、サウジのテロリストらだった。先日の最後の死亡者はベルギー人だったと発表した。CIAに金で買われた傭兵らの士気は最低だろう。
  オバマとケリーは、シリア反乱軍への武器援助による軍事介入強化を決めた。その上、米海兵隊部隊の1000人がヨルダン北部のシリア国境に6・13にヨルダン軍のエスコートで到着した。そこからシリア首都ダマスカスが近い。これは、北部アレッポの政府軍による完全解放作戦に対する挑発的牽制の陽動作戦だろう。しかし米海兵隊のダマスカス攻撃、シリア占領作戦強行もありうる。
  だが米帝による新たなシリア侵略戦争は、宇宙から決して許されない。オバマがそれを決行すれば、ペンタゴンの反戦将軍派によるクーデター決起が起って、オバマ政権は打倒され、新アメリカ革命が勝利する。2036年からGE社製C204型タイムマシーンでフロリダへ帰って、BBSで米市民革命軍が勝利したと書いたジョン・タイター少佐の予言が実現する。


シリア売国反乱部隊の最後の砦 El Quseyrも陥落した
2013.6.6
  中東全体の戦略的要衝シリア西部のHoms市と同州が売国反乱部隊から陥落したのに次いで、Newsland.ru2013.6.5によれば、Homs東南の売国反乱部隊の唯一の最後の拠点たるEl Quseyr(ダマスカス北西162km)も陥落した。
  シリア政府情報局のSANA通信社は、数千人のアルカイダ[CIAの手先]系反乱戦闘組織"Jabhat Al Nusra"を包囲殲滅し、その大量の戦闘員を捕虜にして、Homs州のEl Quseyrを解放して、完全にコントロールし、安全と平和を回復したと、2013.6.5に発表した。敗残兵らは北へ逃走した。シリアの反乱テロリストらの全国連合はこの敗北をFacebookで認めた。イランはこの勝利の祝賀を表明した。
画像図はシリアと周辺(Netから)



















  イスラエル・米・英・仏・トルコが軍事・経済支援して、事実上の戦略作戦を強行している売国反乱軍の敗退の見通しが、これで明確になった。彼らは既に6月の露・米主催のシリア内戦解決国際会議「ジュネーブ2」への前提条件なしの出席を拒否すると表明して、国際的孤立を自ら強めている。
  HomsとEl Qusayrの陥落は、NATOによるシリア侵略、イランへの拡大と第3次世界大戦への発展を阻止する創造主らの限定措置の賜物である。
   トルコでは、シリアへの侵略行動を続けて、イスラエル・米・英と共にシリア侵略戦争開始で合意している。2013.5.31にエルドアン政権の強権的なトルコのイスラム化政策に対する抗議デモと暴動がイスタンブールで始まった。それはエルドアン首相の退陣を要求する政治闘争に発展して、全国各地に広がった。トルコの公務員労連は反政府デモに合流して、6・4と6・5の2日間24万人規模で全国ストに突入した。
  トルコはイランと違って、イスラム宗教政権の出現を許さないできた経緯がある。副首相は「政府は多様な生活様式を尊重する」と懐柔姿勢に転じて、デモ弾圧を謝ったが、エルドアンは強硬姿勢で退陣要求に対抗しているので、全国的なデモは続いている。トルコではエルドアンらのイスラム政権が倒壊して、新しい非宗教的な民主的政権が出現して、新政権はシリアへの軍事干渉と侵略政策を放棄し、隣国シリアのアサド政権との友好関係を樹立する可能性が大きくなった。
画像

写真:イスタンブールのタクシム広場の占拠 現地TVが報道しない数十万〜100万規模という(Netから)

画像












写真: タクシム広場での抗議集会をエルドアンが弾圧(AFP)


地球の小氷河期入りは来年3月頃から
2013.5.30
  宇宙情報によれば、北極は2013.5.20〜5.30の間に約100km南下した。創造主らが元の位置に戻した。
  北極の南下速度が5.29頃から1日当り約5kmに低下したので、10月からの地球の小氷河期入りの見通しは、来年3月頃からに変った。
画像

写真は氷河 手前に樹木(「露の声」サイト)
  その影響で、今年は日本に夏が来なくなる可能性があるとの見通しは解消したが、比較的低温の夏になる。東京の最高気温は10月に0℃になるとの見通しは、解消した。


"Abolish Money!" の地球革命が一連の国で静かに進行している 
各人の創意で日本と世界中で広げよ!   
   
2013.5.28; 更新:6.11        
  創造主らの命令で、ベルギーのKeshe財団がプレアデス指導下の銀河連邦指導部の援助で開発した(1)アンテナ装置で空中から無尽蔵の電力を得る技術、(2)放射能除去技術、(3)反重力技術を世界中の政府に無償で供与した。中、露、独、仏、ベラルーシア、ウクライーナ、イラン、豪州が無償で入手して実用化を決めた。米・英・日はイルミナティの反対で封印・死蔵しているが、これら3大技術の実用化は地球革命の突破口を開いている。
  Keshe財団が開発した3大テクノロジーを彼らが説明:
http://www.youtube.com/watch?v=2t6wMt-LRJA Keshe財団の説明
http://www.youtube.com/watch?v=kAw32du92Uw Keshe財団製造の円盤
http://www.youtube.com/watch?v=LJC7LN5u_sw「日本政府に技術を[無償で]渡した」
http://john2012.blog55.fc2.com/?no=19 イランが開発した円盤
         
  米国では37州で、野蛮で邪悪な崩壊切迫の米ドルに代る物々交換用の地域通貨への移行が拡大している。 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/93.html 民間サイトも発表している:       
http://beforeitsnews.com/economy/2012/11/40-states-secede-37-moving-toward-local-currencies-in-the-u-s-we-dont-trust-video-2462880.html     
  カリフォルニア州では、BarterBucks:「バーター(物々交換)用の地域通貨」の銀行が現れて、普及している:       
http://www.barterbucks.us/      
It's as easy as 1, 2, 3   
1. Open your account.      
2. List something to sell. Receive Barter Bucks..    
3. Go shopping.     
  ドイツでは、"Living Without Money "(金なし生活)のコミュニティが広がっている。 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/85.html     
  これらは、創造主らの天命に従った地球人の新しい生き方を示している。 
  安倍バブルの崩壊が進んでいる。米ドル崩壊と世界金融恐慌、"We are the 99% !"の人民の生存の脅威拡大が近づいている現在、この無償奉仕の行動が、日 本全国に、世界中に広がることを期待している。 
  ロンドンでは、G8リーダーらの会合の時に、"Abolish Money!”(通貨を廃止せよ!)の横断幕を掲げてデモが決行された。これこそ、創造主らの天命に従った地球変革の戦略目標である。英国労働者らは、これで地球解放運動の旗手になった。
  日本では、ホスト・コンピュータとPCを使った物品とサービスの物々交換用の地域通貨が、金権奴隷支配の道具「円」に代って各地で静かに流通している。福島1原発爆発の被災地を救援する無償奉仕ボランティアは、2年間で124万人に達した。
http://www.saigaivc.com/%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%B4%BB%E5%8B%95%E8%80%85%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB/  
  東京に出現した無償奉仕の「鬼丸食堂」は、すばらしいイニシャチブの発揮と実行で、人々の感動と支持を広げている。 http://rocketnews24.com/2013/05/17/329711/
  日本の"We are the 99%"の人民の中で、支持政党なしが最大級のシェアーを占めている。野蛮で邪悪、腐敗した冷血非情な暴虐支配の資本制金権奴隷支配体制の温存と、その枠内で僅かな改良主義に活動を限定している与・野党をもう誰も支持するな。各人が自分に出来ることで創意を発揮して、創造主らの天命に従った "Abolish Money!"の地球解放運動に参加せよ!
  なお、19、20世紀の所謂「科学的」社会主義は、地球の侵略支配者トカゲ座レプティリアン(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)の変身体らによる支配体制温存のための非科学的ニセ社会主義だった。ソ連崩壊後もまだ一部で幻想が続いているが、既にその幻想バブルは崩壊している。中國の資本主義化と中華帝国主義がそれを実証している。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/11.html

天命短歌 2013 たつまき
☆万事無償奉仕社会を目指せとの 創造主らの天命を知れ 
☆創造主ら地球を無償で与えたが 人は金権悪星と化し
☆UFOの先進文明惑星は地球の前途示しているぞ 
☆創造主ら 地球の地殻変動で 悪の惑星大掃除する
☆万事無償奉仕社会へ移れとの 天命無視は地球の破滅  
☆竜巻に次いで今度はニューヨーク 米国東部沈没近し
☆ ロンドンで貨幣廃止!の横断幕 英国デモに続け日本も
(ロンドン"Abolish Money!"デモの写真:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/64.html)
☆米国の37州ドル廃止へ地域通貨で物々交換
☆ドイツでは「金なし生活」コミュニテイ広がっている理性の勝利
☆日本でも地域通貨とボランティア円に代りて広がる希望
☆静かなる地球革命広がりて誰もに参加の途開けおり


[最新情報] 全中東の戦略的要衝シリアのHoms州が帝国主義と売国反乱軍から解放された
2013.5.22
  売国反乱軍が1年間占領していたシリア中部の戦略的要衝Homs州が、Newsland.ru2013.5.21によれば、陥落した。レバノンのシーア派ヒズボラ部隊がシリア政府軍と連帯して戦った。
  そこは、イラン+シリア枢軸対イスラエル+サウジアラビア枢軸の対決における全中東の最も重要な戦略的地域で、そこから長距離ミサイル始め重量級の兵器の80%近くがヒズボラへ渡されてきた要衝である。このシリア中部には反乱部隊用の武器と戦闘員の60%近くがカタール、トルコ、サウジ等によって投入されてきた。その売国反乱部隊の砦が5.20午後に陥落した(trueinform.ru)。
  アフガン、イラクその他への度重なる侵略戦争と占領、シリアへの軍事干渉、北朝鮮への朝鮮戦争以来最大の軍事挑発による第2朝鮮戦争放火の試み等によって財政破綻した米帝の前に出て、カタールは反乱軍に30億ドル出資して援助してきた(Anna-news.info)。
   レバノンのテレビEl Mayadinはこれを「最重要なHoms州El Kuseir市と、Hama(浜?)州、Damask州Barze地区、ヨルダン国境近い南部のDeraaの4つの戦線での前例のない戦略的攻勢」の勝利と呼んだ。
  イスラエルと米・英・トルコのNATOと共にサウジ、カタール王国は中東の領土的再分割と石油・ガス資源の乗っ取り、イラン侵略への拡大によるWW3(第3次世界大戦)のイルミナティ計画を目指してきたが、緒戦で挫折して1つの戦略的敗北を喫した。
  イスラエル軍は、シリア防空ミサイル施設の射程圏外にあるシリア北部の各種軍事施設を最近空爆して多大な損害を与えた。露はシリアの要請で最新防空ミサイル施設の輸出を決定した。イスラエルはこれを戦略的バランスを変える脅威だと強調して、シリアへの輸出中止を要請したが、露・シの決定を変えることは出来なかった。これはイスラエルの外交的敗北となった。
   シリア政府は、シリアが再度空爆したら、反撃すると表明して、イスラエルの戦略目標へのミサイルの照準を終っていた。
   そうした米帝の没落と中東での戦略バランス変動への動きを背景にした今回のHoms州の陥落は、WW3を許さない創造主らの援助の賜物である。
   しかし前記事で書いたように、米・英・イスラエル・トルコの4ヵ国連合軍はシリア侵略戦争開始計画を決定しているので、焦って直ちにシリア侵略の軍事行動に出ると、米国でペンタゴン反戦将軍派によるクーデター決起、内戦勃発を来たす上に、4ヵ国の足並みの乱れと対立も生じる可能性がある。
   だから、4ヵ国は軍事的巻き返し策を協議、決定して新たなシリア侵略作戦を練ることになる可能性が大だろう。それも、創造主らにより許されない。米国中西部での最近の風速70〜90mの大規模な竜巻の襲来と、世界中にショックを与えた広範で深刻な人的・物的な被害は、全米の反戦ムード高揚の導火線になるだろう。米国人民の"We are the 99%"運動は新たな盛り上がりを示すに違いない。


[新情報] 米・英・イスラエル・トルコ4ヵ国連合軍によるシリア侵略戦争が切迫した
2013.5.17
  オバマは2013.5.16にホワイトハウスでトルコ首相エルドアンと会談した。表向きはシリアのアサド政権退陣への圧力強化で合意したと発表したが、宇宙情報によれば、実際には、極近く米英軍がシリアへの軍事侵攻を決行する際に、トルコ軍もシリアへ軍事侵攻をするよう、オバマが要請してエルドアンが同意した。オバマは、米英軍のシリア侵攻開始の直前にエルドアンに知らせると約束した。これらは極秘扱いにすると協定した。
  オバマとネタニヤフはシリア軍事侵攻で原則同意しているから、これで、米・英・イスラエル・トルコ4ヵ国連合軍のシリアへの侵略方針が決定した。これは、米国議会の承認なし、宣戦布告なしの、オバマ政権による米国憲法違反の大犯罪行為となる。オバマは、露・中によるシリア制裁での協力に期待を表明した。
  こうした4ヵ国シリア侵攻情報はペンタゴン首脳部と国務省首脳部に5.16中に極秘で入って、ペンタゴンでは大波乱の挑発となり、ブーメランとして米軍トップ反戦将軍派によるクーデターへの強い後押しになった。世界中の平和擁護者はシリアへの侵略、イランへの拡大によるWW3=第3次世界大戦を阻止するため決起すべき時が来ている。


米国で近くクーデターが発生して新アメリカ革命政権が樹立される
―オバマとキャメロンのシリア侵略戦争実施合意が後押しになった

2013.5.11;更新:5.14
  オバマとキャメロン英首相は2013.5.13にホワイトハウスで会談して、宇宙情報によれば、非公開を前提にシリアへの軍事介入=侵略戦争を実施することで合意した。記者会見でキャメロンは、シリアへの軍事介入が避けられないことを、きわどく暗に示した。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1306Z_T10C13A5FF1000/
  宇宙情報によれば、米国では、ペンタゴンの反戦将軍派が近くクーデターに決起して、勝利する。オバマ政権は打倒されて、新アメリカ革命政権が樹立される。オバマとキャメロンのシリア侵略戦争実施の合意は、クーデター実施へのインパルス(後押し)になった。
  これで、シリア売国反乱部隊への軍事・金融支援、作戦指揮を通ずる米・英・トルコ等のNATOによるシリア侵略とイラン侵略への拡大によるWW3=第3次世界大戦の計画は挫折する。
  1950〜53朝鮮戦争後最大規模となった東半球の北朝鮮に対する米韓合同軍事演習とその後の空母等機動艦隊による第2朝鮮戦争挑発も失敗に終る。
  オバマ政権がこのクーデターで打倒された衝撃で米ドルが崩壊して、世界大金融恐慌に発展する。通貨が紙切れ化する。
  万事無償奉仕社会を目指せとの 創造主らの天命を知れ
  この米クーデターについては、プレアデス系サイトでも報じている。これはプレアデス指導下の銀河連邦による地球支援の成果でもある。
http://blog.goo.ne.jp/narudekon


潘基文国連事務総長が
シリア反乱テロ団による化学兵器使用の調査団派遣を妨害

2013.4.30
  Newsland.ru2013.4.30によれば、イランの副外務相Hosein Amur Abdolahyanは、シリアのテロリスト集団アルカイダ[CIAの手先]の「Jebhat an-Nusra」の本部がトルコとの国境近くのシリア領にあって、彼等とその他一連のテロリスト集団がシリアで平和な住民と政府軍に化学兵器を使用したこと、これらは数ヵ国が彼らに化学兵器の装備一式を供与した結果だと発表した。
  彼らは2012年12月に衛星都市Homsaで、また2013.3.19にアレッポ市内で化学兵器を使用した。その調査のため専門家グループを派遣するようにとのシリア外務省の要請が潘基文国連事務総長へ出されたが、彼は握り潰して、専門家グループの到着が実現していない。
  潘基文は、米傀儡韓国政権から派遣されたオバマ政権の傀儡なのだから。
  そうした事態は、一連の国[無論、米・英・トルコのNATO諸国]が調査団派遣を無視しており、シリア政府へ化学兵器使用の罪を転化する可能性が調査で奪われるからだという。シリア政府は、国連事務総長が以前の協定を侵害したと言明した。
  露の国連駐在代表Vitaliy Churkin は、これはイラクのシナリオを繰り返す試みで、露は大変懸念していると言明した。
 

イスラエルの大規模なシリア侵略で中東新戦争の危機
2013.5.5;更新:5.7
  シリア野党サイトSyriatruth.orgによれば、2013.5.5午後〜夜にイスラエル空軍の18機がダマスカス北西を空襲して、約300人を死傷させ、43の軍事施設を攻撃し、シリア軍研究所も攻撃し、数十の武器庫を殲滅した。また第4師団本部を攻撃し、スカッド・ミサイルの地下サイロや、イラン軍顧問がいる第104師団、第105師団の基地を攻撃した。これらの攻撃でM4・3の地震も起きた。
  シリア外務副大臣ファイサル・マクダードは、これらの攻撃はイスラエルによる事実上の宣戦布告であり、シリアは然るべき好機にイスラエルの攻撃に対し報復攻撃する用意あり、と声明した(Newsland.ru2013.5.5)。然るべき好機とは、シリア・イラン・ロシア間での反撃統一作戦調整が時間を要するからだろう。イラン外相アドナン・マンスールはイスラエルによる侵略、国際法と国連決議1701号の違反に憤激を表明した。
既にオバマとネタニヤフが3.20の会談で、シリア軍事侵攻について原則合意している。オバマのボスの米国独裁支配者J. ロックフェラーは、没落急な米国情勢の活路を、第2次大戦の経験から、戦争経済への転換、非常事態宣言、全面的ネオナチ体制への移行に見出して、その方向を目指している。
  創造主らの無数宇宙ブロックス管理界と銀河連邦指導部は、こうしたイスラエルによる侵略が中東新戦争へ発展することを許さない。しかし各級のサタン類似存在が妨害行為に出ているので、平和を愛する地球人が断固たる行動をとらないと、イスラエルのシリア侵略がイスラエル+米・英・トルコ 対 シリア・レバノン・イラン+ロシア間でのWWV=第3次世界大戦へ発展する可能性がある。 
  米国でNY州、FL州、中部諸州、TX州、CA州等で内戦が起きれば、それが勝利へ向かえば、米帝による第3次大戦強行・拡大を阻止する可能性が生じうるだろう。
  既にCIA特別作戦局長元代理のW.Boikin中将が米国内戦の勃発を予言している。米国の世論は新戦争に反対だ。内戦に勝利した市民軍のジョン・タイター(仮名)少佐は、GE社製のC204型Gravity Distortion time unit=タイムマシーンで2036年から1998年のフロリダへ帰って、BBSへ米・加での内戦勝利の予言を投稿したことは、周知のところである(「未来人ジョン・タイターの大予言」2006.10(株)マックス)。
  しかし米・英・仏・NATO・露・中等々の世界中の核兵器は2008.7.24に創造主らの命令で銀河連邦指導部の宇宙船が一掃した上に、補充生産も再配備も阻止されており、J.タイターが予言した2015米内戦勝利の決定的要因である、タイターが書いた米内戦の別の側面=一部としての露による対米核攻撃は起きないで、内戦は通常戦になる。
[新情報] Z.ブレジンスキーが米のシリア軍事干渉は米国の大破局に終ると指摘
  カーター米政権時代に国家安全保障問題大統領補佐官だったZ.ブレジンスキーことイルミナティ幹部でレプティリアンの変身体は最近、「シリアへの米国の軍事干渉はUSAにとって大規模な破局に終る恐れがある」と指摘した(Newsland.ru 2013.5.6)。


安倍・プーチン共同声明の重要な意味 
2013.4.30
  宇宙情報によれば、安倍政権は、TPP参加が国家主権の侵害、経済・科学技術・労働・司法・文化・社会という広範な分野での国益侵害を来たすことになって、国民の支持を失う恐れから、政権延命のため結局TPP交渉から脱退することになる。
  安倍はそうした不可避的な見通しから、ロシアとの関係改善、経済協力の拡大・発展のため、北方領土問題に関して双方の譲歩で妥協的解決を図って、日露平和条約を締結する方針を決めた。安倍は訪ロして安倍・プーチン共同声明でそれを表明した。
  森元首相は以前に、プーチンとの会談で国後島と択捉島の間に新国境線を紙に描いて、プーチンに提案した経緯がある。これは、柔道家のプーチンが言った日本語の柔道の「引き分け」の選択肢の1つにあたる。
  経済危機下にあるプーチン政権は、世界経済の中心がアジアに移ってきているので、露の首都を極東のハバーロフスクに移す考えで、露にとって日本との協力が重要になってきた。それがプーチンの対日譲歩を促している。
  安倍訪ロの後押しになったのが、釣魚諸島(日本名尖閣諸島)の領有権に関する米オバマ政権の中立的態度への幻滅と不信から、日米安保が頼りにならないことを安倍が感じたことだろう。米国独裁支配者ロックフェラーはボスのロスチャイルドの指図で、傀儡オバマ政権に命じているから、中国軍の釣魚諸島奪還作戦実施の際に局外中立を堅持することになる。ヘーゲルやケリーの釣魚諸島防衛表明は、安倍政権引き留めの単なるリップサービスの駆け引きに過ぎない。 
  釣魚諸島は、明治の軍国主義政府が宣戦布告なき奇襲攻撃で始めた日清戦争での勝利で台湾、澎湖諸島と共に清国から奪取した島々で、釣魚諸島だけが未解決だ。中国軍はその奪還作戦を計画している。それを日本政府が「日本固有の領土」と主張して釣魚諸島(日本名尖閣諸島)を国有化したことが挑発になっていて、宇宙情報によれば、中国軍は2014年初頭に台湾、韓国と共に日本占領・併合の軍事戦略計画を2013.2.28に中共中央委12中全会で決定した。これは極秘扱いで当事者以外は知らないが、ロスチャイルド支配下の中華帝国主義はここに極まった。その後安倍が軍事的対抗の用意ありと言明したことが挑発の激化・拡大になった。
  日露関係の改善の他方で、日米関係は冷えて行くだろう。 
  日中関係の改善が残った課題だが、中国政府が「核心的利益」と呼んだ釣魚諸島(日本名尖閣諸島)問題が重大な障害になっている。その上、安倍がアジア侵略の反省を表明した「村山談話」を否定して「侵略の定義は定まっていない」と公言して、1931〜1945のアジア侵略を正当化したネオナチ的な挑戦的態度から、中・韓との対立が激化している。韓国国会はこれに関して安倍政権非難決議を採択した。これで、安倍の中国包囲網構想は破綻した。安倍には責任感のある反省と失言撤回が必要になっている。 
  猪瀬都知事は、オリンピック開催地候補のトルコを「イスラム諸国が共有してるのはアラーだけで、互いに喧嘩ばっかりやっている」と事実を言ったが*、5輪憲章に違反して他の開催候補地を非難したとして失言の撤回と反省を表明した。猪瀬都知事より劣る安倍の頑迷さは、日本に新たな上記国難を来たす。レプティリアンの変身体安倍には、日本の国益など元々念頭にない。あるのは、トカゲ座レプティリアン(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)の変身体で日本侵略支配者メンバーとしての政治的マヌーバー(策略)だけである。 それは、例えば安倍のスナイパー・ライフル狙撃隊による東北地方の封鎖計画が実証している。
  * トルコ政府は南隣のシリアの売国反乱テロリスト部隊を軍事・経済援助し、化学兵器も供与していて、売国反乱テロリスト部隊は両国国境近い支配地から化学爆弾をアレッポ近くへ発射して落としたと、シリア情報相が最近発表した。
☆ レプティリアンの変身体情報:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/48.html


最近の内外情勢概観   
2013.4.20;更新:4.23;4.26
[新情報] 安倍亡国政権が東北地方の封鎖計画
  宇宙情報によれば、富士山ニニギ・ブログで暴露されたように、比較的高線量の放射線被爆者らから不特定多数の人々への全国的な放射能拡散が起きている。米CA大バークレイ校リチャード・ムラー教授もその発生を指摘した(NHK, Eテレ「バークレー白熱教室2013.4.26)。安倍亡国政権はIAEAの要請でそれを防止するためとて、近く東北地方を封鎖する予定である。これは、封鎖で放射線被曝症状の激化を来たして東北地方の国民を死滅させる犯罪計画だ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861
  自民党は単独立法による徴兵制実施を計画している。自衛隊部隊の兵士らが、徴兵された新兵らを指導して、封鎖された東北地方から脱出する人々にスナイパー(照準器付き)ライフルの銃口を向けて、脱出阻止に当たることになると。これは亡国安倍政権による東北地方日本国民の大量虐殺になる。
  いずれの新政策も、国会での可決なしでは実施出来ないから、全国的な反対運動が起こるだろう。

(1)北極南下と今後    
  北極は3.27から4.16までに約200km南下した。しかし創造主らの無数宇宙ブロックス管理界は北極を元の位置に戻した。   
  最近の短期間の異常な気温上昇は、気圧配置の変動による結果で、北極南下とは直接関係ないということだ。   
  こうした北極南下は4.17〜4.20の間に新たに約40km起った。4.20の日本での冬並みの低温と寒さは、その結果だ。北極南下は今も続いている。今年の夏は来なくなる可能性がある。  

(2)米国のシェールガス・バブルは崩壊した
  Newsland.ruによれば、シェールガス景気は破綻した。オバマは可採量が100年分だと言ったが、60年分から10〜11年分に下方修正した。7000ヵ所以上の掘削経費は$420億で、ガス販売利益は$325億。英BP社の損失は$50億、英BGグループの損害は$130億。ガス産業前最大手CE社は倒産瀬戸際だ。
  シェールガス採掘は既に商業的に破綻している。そのコストは、伝統的方式による掘削の5倍だ。10年の掘削で各社は巨大な損害を被ったことを示した。米経済唯一の活路と期待されてきたシェールガス・バブルは崩壊した。米英帝国主義の没落と破滅のプロセスは加速されている。
 CIA特別作戦局長元代理W.Boikin中将は、米経済崩壊・食料危機・全米動乱・国内戦争状態宣言発令を最近予言した。デフォルト、ドルと米経済の崩壊、NY州、FL州、中部諸州、TX州、CA州等の連邦脱退、これらの州での内戦勃発、決起した米市民への連邦軍による流血の弾圧、末端からの連邦軍の崩壊、市民革命軍の勝利と連邦解体、USA消滅に至る破滅過程への内部動力が益々増大している。それは、地球大掃除の一環でもある。

(3)鳥インフル・ウィルスH7N9の正体
  これは、宇宙情報によれば、2010.10.27に創造主らにより一掃されたあと、オバマ政権が再建した米国生物兵器研究所で遺伝子操作により開発した、新たな米国製鳥インフル・ウィルスである。それは人‐人伝染する。既に北京、南京、抗州、上海で患者と死者が出た。これは、ロックフェラーによる中国人ジェノサイド計画だ。最近親帝国主義路線へ転換した胡錦濤指導部の路線継承で、国連安保理での北朝鮮制裁決議にロシアと共に米帝に同調した習近平ら中國指導部は、この危機に直面してどう出るか?米帝による中国人ジェノサイドに屈するのか?注目される。


(4)最近のイラン地震と中国四川省地震
  今回の4.16のM7.8イラン大地震と4.20のM7.0中国四川省大地震は、宇宙情報によれば、米帝の地震兵器による攻撃結果ではなかった。米帝の地震兵器HAARPは、既に創造主らの命令で銀河連邦指導部の宇宙船が核兵器と共に08.7.24に一掃した。代りの海洋配備の海上・海中走行型新地震兵器も一掃された。これらの補充生産と再配備は阻止されている。
  今回のイラン地震と四川省地震は、地球大掃除による地殻大変動の一環である。米国でも大地震が起きるだろう。
  宇宙情報によれば、米国ではNY州〜FL半島の東部と西部のCA州が、イスラエルと共に海中へ沈没する。


(5)ボストン・マラソンでのテロ事件はブーメランの1つだ
  911自作自演の権力犯罪、でっち上げ口実のアフガンとイラク侵略・占領、次に一連の先進的社会保障制度を築いていたリビアへの侵略・カダフィ政権打倒、さらにシリアの売国反乱部隊への軍事・経済支援と内戦拡大、オバマとネタニヤフの3.20会談でのシリア軍事侵攻の原則合意、東半球では北朝鮮への1月以来9回、3月4回延べ20万人の米韓軍合同大演習、米ステルス戦闘機F22と、米ステルス戦略核爆撃機B2による平壌上空侵入・急降下・急上昇の核爆撃テロ「演習」、轟音と衝撃波の連続威嚇、北領土への上陸演習・占領行政実施演習等々 ― これら一連の出来事の結果起ったのが、それらのブーメラン効果の1つとなった米ボストンでのテロ事件だった。
  米FBIはイスラム信者のチェチェン人兄弟を容疑者と断定し、兄(26) をスナイパー(照準器付き)ライフルで射殺した。弟を追い込んで銃撃、病院で手当て中だが、テロ行為を自白させることは出来ないで、迷宮入りする可能性が大だ。
  世界の独裁支配者気取りの侵略的で帝国主義的な世界最大のテロリスト国家USAが、前記の侵略戦争と占領の強行、中東での第3次大戦と東での第2朝鮮戦争放火のため狂気の暴走を続けている結果、米国だけが安全でいられる訳がない。だから、今回のボストン・テロ事件もブーメランの1つとして起きたわけである。
  しかし911自作自演事件とデッチ上げ口実によるアフガン、イラク侵略と同様に、シリアや北朝鮮への新戦争へ暴走する可能性がある。
  日本人は、宇宙情報によれば、敗戦と占領以来米国独裁支配者ロックフェラーの独裁支配下にあって、今も半占領状態にある。戦後CIAがA級戦犯解除した岸信介(安倍晋三の祖父)らに創らせた自民党の現安倍政権下では、CIA支配下の犬HKや朝日・毎日等や、CIAが創った読売・産経・日経等々による世論操作の洗脳がこれまで以上に進んでいる。さらに、前記事で暴露した米・イスラエル連合が爆破した福島1原発から飛散している、低線量放射線の内部被爆による日本人の思考力劣化の影響もある。その結果、日本人の多くが政治的に白痴化されていて、世論調査結果は安倍政権支持率60〜70%を示している。
  その上、新自由主義政策の強行とTPP売国参加で亡国の国難が切迫しており、前記事で指摘した自民党改憲草案は売国天皇主権・国民主権廃止、基本的人権の廃止近い制限、言論・集会・結社・学問・デモの自由の制限、ネット弾圧、売国軍増強、9条改悪と売国集団自衛権行使、米侵略戦争への参戦を予定している。また大量首切り自由化法案等で90%の日本人の生存の脅威が近づいている。We are 90%の日本人も決起する時が来る。大衆的決起の直接的民主主義に活路がある。
  万事イルミナティの思い通りには行かないことは、これまでの当ブログ記事が示している。創造主らによる地球大掃除も進展している。

万事無償奉仕社会を目指せとの 創造主らの天命を知れ  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ バッグ
最近の内外情勢概観 日本と地球の命運/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ バッグ
2013/07/03 22:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
最近の内外情勢概観  創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる