創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS 新地球革命が近づいているが、時は待たない

<<   作成日時 : 2018/02/20 11:11  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アクセス数:1404978
5ブログ計:6882818



米ドル崩壊が始まったと米サイトが発表した
当方のブログとML、Mixiの記事が以前に指摘した通りだ

Blog: http://tatsmaki.at.webry.info その他 (Ameblo, Livedoor, Rakuten, Yahoo.jp, Cocolog)  
ML: https://www.freeml.com/tatsmakijp/topics
Mixi: http://mixi.jp/list_diary.pl?from=l_navi  MLとMixiへの参加 OK。  
2018.3.15; 4.05
ALERT::The Death of the U.S. Dollar Commenced Last Fall... Now, the Expansion of this "New World Money Order" May Complete Its Destruction...
警告: 米ドルの死滅は最後の崩壊を始めた...今や、この「新世界通貨秩序」がその破壊を完成するだろう...
https://freekit.birchgold.com/sdr-new-currency/?utm_medium=banner&utm_campaign=dc&utm_source=dc&msid=11903&utm_content=5t_v01b_300x250_nc&placement=5t_nc
  なお、創造主らからのお知らせによれば、崩壊する米ドルに代って、中國の人民元が世界的な共通通貨になる。
  しかし、いずれにせよ、地球とその野蛮で邪悪な腐敗した金権奴隷支配体制は、ブログで書いたように、万事無償で与えた創造主らへの反抗と、万事無償奉仕文明への惑星発展法則に対する反抗のせいで、創造主らによって近く一掃されて、5次元へ転生する。


福島1原発の核燃料棒溶け落ち屑と
飛散した放射性物質と放射能は
市街地等の居住地、野山と太平洋でも
全部一掃された

2018.3.11
  放射能の内部被爆量は20mSv/年以下で居住が可能だと、東電と安倍自公内閣は主張している。
  しかし、これに反して、放射能の内部被爆量が臨界点を超えて、量から質への転化に関する弁証法の法則が貫徹する結果、日本人の健康を破壊し、いずれ大量の死亡を来たす。日本存亡の危機が来る。
  だから、帰還困難地域を始め福島県と東北地方、北海道、関東地方の市街地と野山に福島1原発から飛散して降り積もった放射性物質と放射能と、福島1原発で核燃料棒が溶け落ちた屑(メルトダウンしたデビル)を共に一掃し、太平洋と魚介類でも一掃し、消滅させる措置を創造主らが2018.3.10に実施して、実現した。
  それを疑問視する者は、放射線測定器で検証してみるがよい。
  なお、2011.3.11東北地方大地震と3.14福島1原発3号機と4号機の核爆発を起こした米帝国主義とイスラエルは、前述したように、創造主らによるそれ相当の制裁を受けること必定である。


[追加情報]
米帝国主義の対日攻撃犯罪と自滅
2018.3.3
  米国では、クリントン政権以来「日本はUSAの最大の経済的ライバルで脅威である」とのテーゼに基づいて、密かに対日攻撃を実施してきた。
  米帝国主義はアラスカ東南部配備の気象破壊・地震兵器HAARPで1995.1.17に神戸・淡路大地震を起した。
 また米帝は2011.3.11にHAARPで東北大地震を起した。福島1原発の契約保安担当者イスラエルのMagna BSP社は事前に仕掛けていた3号炉に2発、4号炉に1発のミニ核爆弾を同原発設計者の米GE社との共謀で、2011.3.14にネット・ウィルスの遠隔操作で核爆発させて、日本人大量殺人の巨大犯罪を強行した。
  約2万の先進文明惑星の銀河連合は、数千万人の日本人死滅を来たす福島1原発から飛散中の放射性物質を、既にブログで書いたように、創造主らの天命で一掃する措置を実施した。しかし、福島1原発3、4号炉の溶け落ちた核燃料棒デブリ(屑)から、今も放射能が日本全国へ、太平洋へ飛散している。その放射能はさらに太平洋を越えて、米CA(カリフォルニア)州に達していると、米マスコミが報じている。CA州は独立を目指すことになる。
  創造主らによる対米制裁が実施されている。HAARPが創造主らによって一掃されたあと、トランプ政権はニュー・メキシコ州へHAARP新世代型を新設して、日本で大暴風雪を起こしたが一掃されて、今度はCA州南部へそれを新設して大暴風雨を起す対日攻撃犯罪を続行した。だが最近、創造主らの制裁による回避できない強制的自国攻撃でトランプ政権は米東部の大暴風雨を起こした。西部CA州でも近く大暴風雨が起きる。
  その前に、米トランプ政権はHAARPで中國南部へ大暴風雨災害を起した。 
  米3州規模のYellowstone Supervolcanoと他の4大火山が前記したように近く大噴火を起して、火山灰が全米に7m以上積もって、米帝国は壊滅する。最近Yellowstoneで数百回の大小の地震が起きている。米国サイト"Before It's News"はアメリカ人に外国への移民を呼びかけている。


米気象破壊・地震兵器HAARPの一連の対日攻撃のあと
天罰でそのHAARPが米東部の大暴風雨を起した 
米西部でも起きる

2018.3.3  前田 進
  今の北日本の大暴風雨は米トランプ政権のHAARPによる新たな対日攻撃である。
  1995.1.17神戸・淡路大地震、2011.3.11東北大地震と3.14福島1原発の核爆破、放射能災害の継続、これまで度重なる北日本と日本海側の大暴風雨による米政権の対日攻撃国際犯罪の繰り返しが起きてきた。これに対して、創造主らによる天罰が下された。
  それが、今の米気象破壊・地震兵器HAARP自体による自国東部での大暴風雨の襲来である。
  これに次いで、創造主らからのお知らせによれば、間もなくCA等の米西部でもそのHAARPによる大暴風雨の襲来が起きる。


2018.3.18ロシア大統領選挙でプーチンは落選
露共のグルジーニンが当選する

2918.3.1
  ロシアのGDPは米国の1/7以下、中國の1/4以下であるとNewsland.ruが指摘した。ロシアでは、人口の73%=1億4300万人が貧困者で貯金なしの危機的状態にある(Newsland.ru, May 11, 2017)。ロシアの労働可能人口の25%が失業者である(Mewsland.ru, Nov.11, 2015)。
  創造主らからのお知らせによれば、2018.3.18のロシア大統領選挙で、プーチンが落選して、ロシア共産党のグルジーニンが当選すると。
  しかし露共は、金権奴隷支配体制温存の国家資本主義体制だったスターリン主義の社会主義路線で、人民への搾取・収奪と抑圧で新たな危機が不可避である。創造主らは地球にも万事無償で与えたので、地球も天命と惑星発展法則に従って万事無償奉仕社会へ移行するよう命じている。しかし地球はその天命と惑星発展法則に反抗して、金権奴隷支配体制下での金権奴隷生活への埋没を今後も続ける。だから創造主らによる地球の粛清が近い。地球は一掃されて、直後に5次元の惑星へ転生する。
5次元生活の詳細は前述。


新地球革命が近づいているが
時は待たない
所謂Doomsdayが切迫した

2018.2.20
  ドイツでは大規模な社会集団が"Leben ohne Geld"("Living without money!":通貨なき生活)を実践している。英国ではSPGBとCPGB (英国社会党と英国共産党)が "Abolishment of Monetary system" (貨幣制度廃止)の戦略目標の実現を目指している。
  米国では人口3億2300万人("Before It's News",2016.5.19)の29%=9370万人が貧困者で、貧困水準以下の生存の脅威直面者が人口の16%=5170万人に達している(米国家自殺防止局)。米国は世界中で800の軍事基地を保有していて、米財政赤字は、210兆ドルだとLaurence J.Kotlikoffボストン大教授が上院予算委員会で2014に指摘して以来増大している。国家債務は65兆ドルに達したとウォーカー元会計検査院長が発表した(2017.3月)。米192都市が財政破綻で国連の管理下にある。
  創造主らからのお知らせによれば、その米国では最近の株式市場の大暴落連発に次いで、間もなく米ドルが崩壊して、米経済の崩壊で人民の生存の脅威が前代未聞の規模に達して、米新内戦がNYから起きてFLへ、中部諸州へ、TXへ、CAへと全州へ拡大し、「死か革命か!」で新アメリカ労働者革命が起きて勝利する。
  しかし旧ソ連や現中國等が示したように、地球の乗っ取り支配者レプティリアンらの変身者のK. Marx, F. Engels, V.I.Lenin, I.V.StalinからPutinまで, 毛沢東、 ケ小平から習近平まで、金日成から金正恩に至るまで等が推進した社会主義は、金権奴隷支配体制温存の国家資本主義だから、社会主義はもう創造主らによって許されない。こうして米新革命は、19歳の米青年が提唱者になったベーシック・インカムの実施からさらに進んで、万事無償奉仕社会への移行へ発展することが避けられない。
  それがフランスで新革命の発生と方向に強力な影響を及ぼす。米新革命に次いで、フランスで新人民革命が起きて、ベーシック・インカムの実施から先へ進んで、貨幣制度廃止と万事無償奉仕の社会へと進む可能性がある。EU諸国もこの方向へ進む可能性がある。
  その大波は、人口1億4300万人の73%=1億440万人が貧困者(Newsland.ru,2017.5.11) のロシアで経済危機の深刻化から、万事無償奉仕の新社会革命を来たす可能性がある。さらに、人口13億5700万人の中國では7億人の貧困者と1億6000万人の生存の脅威直面者が新人民革命を求めていて、既に上海で新革命推進の指導中核が働いていて、新たな万事無償奉仕社会を目指す新中國革命を来たす可能性がある。朝鮮半島はこれに続き、日本でも世界の大勢に順応して、万事無償奉仕社会を目指す新社会革命を来たす可能性がある。
  しかし、金権奴隷生活に埋没している惰性思考の地球人を、時は待たない。ブログに書いたように、地球の所謂Doomsday: 最後の審判による世の終りの日が来る。
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新地球革命が近づいているが、時は待たない  創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる