創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS 西日本が連続集中豪雨と大地殻変動で2〜3年後に沈没する

<<   作成日時 : 2014/06/08 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アクセス数: 829351
6ヵ所計: 3940694


[重要情報特集]
宇宙管理大変動と銀河連邦の大激変、地球大掃除
 

http://blog.livedoor.jp/tatsmaki
http://tatsmakijp.cocolog-nifty.com
公開開始:2001年9月;… 最新更新:2014.8.9
前田 進 etatsmaki@ybb.ne.jp
 


西日本が連続集中豪雨と大地殻変動で2〜3年後に沈没する
2014.8.20;更新:8.21; 8.24; 8.26;8.27
  西日本の度重なる過去最大の集中豪雨の結果、広島市安佐南区と同北区で山の表層崩れや斜面崩壊による土石流の襲来により、46棟が壊滅的被害を受け、140棟が浸水、71人が死亡、15人が行方不明になった。
  それは、今後の巨大異変の予兆だった。創造主らの無数宇宙ブロックス管理界からの知らせによれば、近く起きるM9.2の南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海・日向灘の連動大地震)と34mの大津波が引き金になって、大阪以西の西日本は徐々に海中へ沈没して、2〜3年後には西日本はなくなっている、と。西日本から避難する時間はある。ロスチャイルドの本拠英ブリテン島も海中へ沈没する。
  それらの前に、ロックフェラーの本拠米国の東部、CA:カリフォルニア州と、イスラエルが近く海中へ沈没する。CA州沈没では、約100mの大津波が起きる。それは、ハワイ、日本列島、朝鮮半島、中國南、東部、露の極東とサハリン、フィリピンその他の東南アジア諸国へ押し寄せる。しかし当方の要請を承認して、創造主らはCA州沈没による大津波の発生と襲来を阻止する措置をとることを決定した。
  天変地異では「想定外のことでした」が日本の技術陣とマスゴミの言い癖になっていて、こうした巨大なCataclysm: 大地殻変動は誰しも信じ難いことだろうが、金権奴隷支配の腐敗・邪悪の文明惑星地球の大掃除の一環として、創造主らが決定したこうした大地殻変動が起きることは必至である。
警世短歌 2014 たつまき
☆ 万事無償奉仕社会へ移れとの 創造主らの指示に従え
☆ "Abolish Money!"バナーでG8首脳会議の英国でデモ
☆ 万事無償奉仕社会へ移れとの 天命無視で地球は破滅
☆ ドラコニアン、レプティリアンの資本制金権支配の最後目前
☆ 米東部、カリフォルニア州、イスラエル海中沈没目の前にあり
☆ 西日本2、3年後にはなくなると創造主らから予告賜る
☆その前に 南海トラフ大地震引き金として近く起きるぞ
☆ 巨大なる暗黒ガス雲飛来して迫り来たれり地球消滅 
☆ 巨大なる磁気球体も飛来して地球消滅切迫しけり
☆ トカゲ座のレプ変身体の植民地悪文明の地球消滅


ノーベル平和賞委員会がオバマに平和賞の返還を要求した
2014.8.20 
  露のNewsland.ru 2014.8.20号によれば、T.Yaglandノーベル平和賞委員会議長は2014.8.19に、米大統領B.オバマに対して2009年に授与したノーベル平和賞メダルを直ちに返還することを実際に検討べきであると言明した。
  同委員会の4人のメンバーに囲まれたT.Yaglandは、彼らはいまだかつてキッシンジャーのような忌まわしい戦争犯罪者にさえ平和賞の返還を要請したことはなかったが、しかしまだキューバのグアンタナモ基地はオープンされており、アフガニスタンだ、リビア爆撃だ、それに被告の席に渡さないでビン・ラーディンを殺した、と言った。
  議長は、委員会メンバーらがノルウェーの祭典の年次利き酒の時と同様に、投票した時も酔っぱらっていたと言った。
  同議長は、オバマは普通の封筒に入れて普通郵便で平和賞を送り返すことが出来る、と言った。
  ホワイトハウスは、このことでのコメントを拒否した。
  没落過程を暴走中の米帝国主義に夜の闇が深まっている

                                 
エボラ・ウィルスがアフリカからブーメランとして米国へ戻った
米で1000万人以上が犠牲に

2014.8.7
  エボラ・ウィルスは、創造主らの宇宙ブロックス管理界からの知らせによれば、米NYの生物兵器研究所で創られたMade in USAである。CIAの特殊作戦チームがそれをアフリカ上空からばら撒いた。エボラ熱には有効なワクチンが未完成で、有効な治療方法もない。それはロックフェラーによる地球人口削減犯罪の強行結果だ。
  Wikipediaによればエボラ・ウィルスの「潜伏期間は通常7日程度。発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈する。進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡する。致死率は50 - 90%と非常に高く、治癒しても失明・失聴・脳障害などの重篤な後遺症を残すことが殆どである」という。
  今やエボラ・ウィルスは、アフリカのナイジェリア(米植民地)、リベリア、シエラレオーネ、ギニア、中東のサウジアラビア、EUのスペインへ広がって、そこからブーメランとして米国へ帰ってきた。
  こうして、創造主らからの知らせによれば、人口3億5410万人(国連人口基金調べ:2010.7)の米帝国では、NY州、FL州、CA州等を含めてエボラ・ウィルスの伝染が拡大して、1000万人以上の米国人が犠牲者になると。
  米オバマ政権は、エボラ・ウィルスに対するワクチン製造を完成して、全米で使用を試みることになるが、それは、エボラ出血熱の流行拡大に間に合わない。


「笹井自殺」は殺人犯罪だった
―小野寺光一「政治経済の真実」サイトの笹井他殺説は正しい
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
2014.8.6 
  理化学研究所の笹井芳樹・発生再生科学総合研究センター副センター長(52)の死亡は、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界からの知らせによれば、他殺による殺人犯罪の結果だった。
  犯人らはJCIAのグループだった。
  それは、小保方晴子のSTAP細胞再現実験を成功させない目的で、有力な協力者を排除するためだった。遺書は犯人らが筆跡を似せてでっち上げたものだったと。
  自殺発表の不自然さと矛盾が指摘されているが、マスゴミは無視して御用媒体の役割を暗示した。
  しかし創造主らの妨害排除措置で、目下実施中の小保方晴子のSTAP細胞再現実験は成功する。
従って、STAP細胞作製と応用の世界的パテントを、ドル崩壊の瀬戸際にある米国に渡す犯罪的
試みは失敗する。
  日本における米CIAの売国代弁者:大手ダマスコミは解体して、人民のメデアを創設すべきだ。


米追従の欧州情勢が独から抜本的転機を迎えている ドルとNATOは崩壊へ
2014.8.3
  Newsland.ru 2014.8.2によれば、ドイツは米国のスパイ行動その他のあらゆる種類の破壊活動にうんざりしていて、米・英に断罪の結論を下しており、米・英から離れて、露・中へ向きを変えつつあるという。独の建設諸会社、プラント供給諸会社、車と工作機械のメーカーズが中國で活動している。
http://newsland.com/news/detail/id/1409123/
  独は、シェールガスの採掘を環境破壊のせいで中止した。独は露・中とのオープンで緊密な関係、露との良き関係と、主要な供給者として露"Gasprom"のガスの供給継続を望んでいるという。米は330トンの独の金返還要求を拒否した。独は米国に保管してある金インゴットの検査[実際にあるかどうか]を要求している。ドイツ人が気にしている問題の1つは、米ドル離れと金本位制への移行である。BRICSの外貨は金本位+銀、石油と天然ガスに基づくことになるという。シリア戦争、ウクライナ戦争、キプロスでの預金収奪は崩壊途上のドル防衛を目指しているという。
  アナリストJim Willieによれば、米国政府は独、仏を敵扱いした。今後世界金融戦線で動くのは米・英のファシストであるという。ドイツは米・英のファシズムと絶縁しなければならず、米ドルは歴史がひっくり返る時で、ここにグローバルな変化の進行があるという。
  米国が「対露交流の断絶」、「対中関係破壊」、「仏の疎外」のイニシャチブをとっていることで、独は米国を懸念して、怒っている。独の諸都市では米FRBに抗議して集会とデモが起きている。 ベルリンデモのリーダーの車で最近爆発事故が起きたが、警察は自然発火として処理した。米国との銀行関係、事業関係の激化が差し迫っていて、断絶は時間の問題だという。
  ウクライナでは、実り豊かな畑で種まきをしていなかったので、収穫がなくなる結果、飢餓が切迫している。飢えと経済の破壊は、米支配下のキーエフで事変に帰着する。政権のファシスト勢力には既に弾薬、食糧、水が尽きつつある。独がNATO経由で向う見ずに支援するとは期待できない。逆にここで、ドルとNATOブロックの崩壊が始まると。
  こうした変動も、創造主らによる地球大掃除の一環である。


[情報追加新版]
真相:ウクライナ東部上空でのマレーシア航空旅客機Boeing777の撃墜事件
2014.8.1
  ウクライナ東部上空でのマレーシア航空旅客機ボーイング777の撃墜事件は、宇宙情報によれば、かつてCIAが韓国KAL機で乗客を盾にとってソ連極東の領空防衛力を試すため領空を深く侵犯して撃墜されたのと同様な、しかし一層悪質な事件だった。 創造主らの無数宇宙ブロックス管理界からの宇宙情報によれば、 今回は、米CIAの特殊軍事作戦チームが搭乗者名簿の記入を偽って搭乗して、250人以上の乗客を盾にとって、つまり人質にとって、ウクライナ東部の新ドネーツク人民共和国の大統領府等を攻撃する作戦を推進中だったから、地対空ミサイル”Buk"によって撃墜された。これが真相である。
  露のニュースサイトNewsland.ru 2014.7.29号は、露のスホイ25戦闘機の設計主任が「スホイ25戦闘機にはBoeing777を撃墜する能力がない」 と証言したと報じた。つまり彼は、Boeing777は地対空ミサイルBukによって撃墜されたことを裏付けた。オランダその他の被害国と国連は、侵略的米謀略機関CIAの凶悪犯罪を非難・糾弾すべきである。
   テロリスト呼ばわりは、何より先ず、米・EU連合の支援と指導によってウクライナ政府を武力テロ暴動で打倒したネオナチ政権こそを糾弾すべきだのに、NHKその他のメディアも、その他米・欧のメディアもそれを無視して、ネオナチ政権を擁護している。テロ支援報道になっている。 NHKのTV、ラジオその他の報道は、何と短絡思考のCIA情報受売りに終始していることか! 売国放送方針を抜本的に変えさせよ。米・EU連合と露の第3次大戦は、創造主らと、先進文明惑星から成る銀河連邦により許されない。
  ところが他方では、ネオナチ政権下のウクライナでは、東部の新興ドネーツク人民共和国とルガーンスク人民共和国、南部のクリミアから成るНовороссия:Novorossiya:「新ロシア」の殲滅作戦が難航していて見込みなしで、国家財政破綻でデフォルトが切迫し、ネオナチ政権打倒の武装闘争が首都キーエフで起きており、政権崩壊が近い。だからネオナチ首相のヤツェニュークが辞任し、ネオナチのスヴァボーダ(自由)党とウダール(打撃)党が、公金横領で投獄されたあとクーデターで釈放された元首相らの「チモシェンコ連合」との連立与党から脱退して、政権崩壊過程が始まった。オバマとボロシェンコ大統領は敗退する。それは、創造主らの援助のお蔭である。


佐世保女子高校生凶悪殺人事件と社会的背景 殺人多発対策
―日刊ゲンダイへのコメント

2014.7.29
  人間の良心や良識に敵対して「人を殺して見たかった」として、16歳の女子高校生が女子同級生を殺して遺体を切り刻んだ残虐な事件について、マスゴミはただ驚きの表示に留まっているかのようだ。
  殺人犯罪には、理由がどうであれ、犯人の精神状態がどうであれ、同等刑罰主義で死刑に処して、短期に執行しない、今の日本の司法制度の異常な歪曲、脱線と欠陥、犯罪者を庇って死刑を避け、10年内外の量刑に留めている狂った所謂ヒューマニズムの犯罪的悪用と狂った人権擁護が支配している。その上、国際的に米・欧の死刑廃止運動のニセ・ヒューマニズムが圧力をかけている。
  これだから、腐敗した金権奴隷支配体制下での金銭関連と精神異常関連の殺人事件は益々増えている。今後も益々増えるだろう。
  日本人が見習っている米国では、人口3億5410万人(国連人口基金調べ)の25%: 8852万人が精神病患者であると、AMA(American Medical Association:米国医学会)が2011.8に発表した。資本制金権奴隷支配体制による侵略戦争と所謂新自由主義の強行の結果である。
  日本では、対米従属下での新自由主義強行で米国と似た情勢にあり、最近精神病院の入院患者を、収容経費削減のため大量に退院させることを安倍政権が決定した。これで、今後は日本で益々殺人事件が増えること必至である。
  それは、腐敗した資本制金権奴隷支配文明の結果である。殺人事件増加を阻止する緊急対策が必要になっている。こうした狂った刑法と司法制度の改革が必要になっている。しかし社会を変革できない日本人は、その解決能力に欠けているだろう。地球大掃除が近い。
   創造主らからの宇宙情報によれば、地球大掃除の一環として、米国東部、CA州とイスラエルは近く海中へ沈没する。そのあと、日本も海中へ沈没すると。
[追加情報]
2014.7.30
  今回の異常な凶悪殺人犯罪は、宇宙情報によれば、邪悪な金毛九尾霊団(略称:金毛)の残存分子が女子高生に憑依して挑発した結果だった。事件のあと、この金毛残存分子は創造主らによって一掃された。
  有史以来長年の間地球を支配していた8頭9尾の邪悪な白色龍体霊: 所謂「山武姫(Yamatakehime)」 (千葉県山武市の名称に痕跡を残している)を頭として策動していた山武姫系の邪悪な龍体霊団が、1984年と1987年に一掃されたあと、彼らの手下で中國北京の紫禁城に本部を構えていた金毛霊団は、1990年代後半に世界的規模で創造主らにより一掃された。 日本の皇居、米White House、英Buckingham Palace:バッキンガム宮殿その他の支部も一掃された。
   しかし、遺漏があって、一部残存勢力が近年暗躍してきた。近年彼らは親殺し、子殺し等々の凶悪犯罪の挑発事件の続発のかどで一掃された。しかしなお残存分子が暗躍していたのは、遺憾であった。それゆえ今回の凶悪殺人のかどで、残存分子の消滅措置がとられた。しかしなお残存分子らがいて、策動する可能性がありうる。


ウクライナ東部上空でのマレーシア航空旅客機撃墜事件の真相
2014.7.18
  アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空ボーイング777型機が、奇怪な飛行ルートで内戦中のウクライナ東部の上空へわざわざ飛来して、人民義勇軍のミサイルによって撃墜された。乗客283人、乗員15人の計298人が死亡した。
画像













画像はBuk地対空ミサイル(H. Makowから): クリックで拡大
  マレーシア航空はCIAのコントロール下にあって、不審事故がこれで2度目だ。NHKラジオ1(2014.7.18)10:00amのニュースによれば、乗客254名以外は搭乗者が不明であるという。人民義勇軍はフライト・レコーダーを回収したという。今後の暴露がありうる。
  宇宙情報によれば、このマレーシア航空の旅客機には、米CIAの特殊部隊が搭乗していて、250人以上の乗客を盾にとって、東部で新設のドネーツク人民共和国とルガーンスク人民共和国の各大統領府その他への攻撃作戦の実施に当たってい た。乗客を盾に取る作戦は、かつて1983年9月1日にCIAが大韓航空のボーイング747を使ってソ連極東の領空侵犯で防空能力を試そうと試みて撃墜された事件と同様な、卑劣な米軍作戦方式だった。しかしそれは今回も失敗した。
  米・EU連合は、この事件をロシアの犯罪と見せ掛けて、新たな対露制裁措置をとるだろう。米・EU連合と露のWW3:第3次世界大戦は創造主らにより許されない。


台風8号の過去最大規模は米気象改変兵器による増強犯罪の結果で
各地原発の爆発を目指したが失敗した

2014.7.8; 更新: 7.10
  沖縄に接近中の台風8号は930hpで今後910hpになる見込みで、最大瞬間風速75mという過去最大威力であると、気象庁が発表した。それは日本横断の進路をとっていて、日本の1大脅威になっている。
  創造主らの無数宇宙ブロックス管理界からの知らせによれば、この台風8号は米国CA州のLA:ロサンゼルス郊外に新設された気象改変兵器によって威力が増強された犯罪結果である。
  それは、クリントン時代以来歴代米政権が継承してきた「日本はUSの最大の脅威である」という対日観と米経済ライバル日本経済の壊滅路線の一環として、オバマ政権が今回強行した国際犯罪の1つである。日本の福島1原発その他一連の原発の新たな爆発を狙った日本人殲滅犯罪の結果である。米帝国主義は、多くの分野で地球の人類社会の平和・安全と社会進歩の最大の障害になっている。
解決は日本独立、台風対策と大雨対策にある:
(1)台風対策
  台風8号の被害が大規模になっている。緊急対策が必要だ。 台風の目へ上空から飛行機で空砲を投下して爆発させれば、台風を消滅させることが出来る。それは空自の仕事だ。それを決めるのは政府の仕事だ。キャンペーンでそれを実施させるのは、マスコミの仕事だ。
(2)大雨被害対策
  梅雨の大雨被害を避けるには、梅雨前線を南下させて、太平洋沖へ必要な距離だけ移動させるだけで良い。それには、梅雨前線の北側に高気圧を発生させればよい。そのためには、高気圧を発生させる高温空気を送れば良い。それは、海上の船から高温空気を発生させれば良 い。防災省と環境省はこれら対策のため直ちに行動を起せ。しかしもう遅い。
[追加情報]
2014.7.10
  米オバマ政権は新設した気象改変兵器で増強した台風8号で日本中の原発の爆発を試みたが、この犯罪は失敗した。台風8号は7.10の11:00am現在、威力を弱めていて、高知県足摺岬の南西沖にあり、本州南方沖を東に抜ける見通しである。これは、創造主らの援助のお蔭である。 米帝国主義の日本人殲滅作戦は失敗した。
  ところが11.00amのNHKTV=気象庁情報は、台風8号の進路図で中部、関東の直撃方向を示したが、口頭では上記のように放送して、混迷を露呈した。



米オバマ政権が第2の911自作自演で新潟をミサイル攻撃して
北朝鮮の仕業と見せ掛け 第2朝鮮戦争を計画

2014.6.26
http://fb.me/1j9lgKR6A
  宇宙情報によれば、米軍は、こうした第2の911自作自演事件を日本の新潟への米ミサイル攻撃で7月中頃に起す準備を進めている。それは、北朝鮮による攻撃であるとのでっち上げ口実により、米帝による第2朝鮮戦争を強行し、手下の日本3軍の部隊を参戦させるためであると、創造主らから警告が与えられた。
  違憲・違法の「解釈改憲」による売国集団自衛権行使の安倍政権による閣議決定・国会強行可決の計画は、そのためである。
  米帝はシリア侵略で失敗したあと、ウクライナ東部でも対露第3次大戦への挑発に失敗しつつあるので、あせっている。米オバマ政権は、戦争体制への移行、全般的ネオナチ支配確立を目指している。 陸自愛国者らの地対空ミサイル部隊と海自愛国者らのイージス艦は、至急にそれぞれ新潟周辺と新潟沖で監視に当たって、新潟への米ミサイル攻撃を迎撃して阻止する緊急課題に直面している。
  日本3軍の態度如何に拘わらず、そうした米オバマ政権の犯罪は創造主らにより許されない。米帝はドル崩壊で自滅する。早くも「日刊ゲンダイ」で7.1米ドル崩壊情報が発表されている:
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151369


6.21にキーエフでネオナチ政権打倒の武装蜂起が始まった
ウクライナ新人民革命が勝利する
 
2014.6.22
  ウクライナの東部ドネーツク人民共和国の新大統領パーヴェル・グバリョーフは、現地の2014.6.21に首都キーエフでネオナチ政権に対する武装蜂起が始まると発表した。Newsland.ruが2014.6.21の10:15に発表した。
http://newsland.com/news/detail/id/1388928/  
  宇宙情報によれば、この武装蜂起は6.21に始まった。そして規模が益々広がり拡大していて、勝利する。
  こうして、ウクライナでの新人民革命が現地6.23に勝利する。
  シェールガス採掘とウクライナ植民地化を目指す東部5州の破滅的な諸条件での売国に関する英国ガス・メジャーShell、EUとのポロシェンコ政権の下記売国協定は破棄される。
  このことは、東欧とロシアの平和、安全を保ち、NATO諸国とロシアの間での第3次大戦を回避する可能性をもたらす。プーチンは、ポロシェンコの偽善的な所謂「平和計画」への賛成を表明して情勢から立ち遅れ、失政に陥ったが、脱線を見直して、ウクライナ新革命を支持する機会があるだろう。  


ウクライナ情勢激化による米露WW3は許されない 
2014.6.19
  露のガス会社大手Gaspromは、慢性的なガス料金の不払いの理由で、2014.6.17の10:00amからウクライナのガス会社Naftogas of Ukraine社へのガス供給を前払い制に変更すると決定した。露・EU・ウの3者交渉は不調に終った。ウ側は前払い制への移行を何度も先送りしたが、6.16の最終期限の先送りを露側が拒否した。
http://newsland.com/news/detail/id/1386028/  
  期限切れの負債金額は44億5800万ドルで、14億5100万ドルは2013.11〜12月分、30億100万ドルは2014.4〜5月分だという。露側は2013.12から1000m3当り400ドル(国際価格:500ドル)から268.5ドルへ値下げに応じたが、2014.2に485ドルへ値上げした。今回268.5ドルでの2014第1四半期分8億ドルの負債支払が、3者交渉の唯一の前進になった。
  ウ側はこれまでの備蓄で冬の厳寒までは消費量を確保している。その間に前述した国の財政・経済破綻が起きなければ、負債の支払いへ備えうる可能性がある。
  その後、3者交渉での妥協が不成立で、Gaspromは19億5000万ドルの負債支払を2014.6.16の10:00迄にしないと、ウクライナへのガス供給を停止すると決定した。露側は否定しているが、キーエフの露大使館への攻撃が影響したという。
  ウ経由のEU向け露ガスの供給割合は15%で影響は少ないという。
  東部では内戦が続き、ドネーツク人民共和国とルガーンスク人民共和国が合併してNovorossijyaノヴォラシーヤ:新ロシアを建国したあと、正規軍の創設を決定した。連邦化運動の義勇軍は、キーエフ政権のドンバス大隊を殲滅したと発表した(Newsland,ru:2014.6.17)。ネオナチ政権はドンバスの大炭坑地帯を失う。ドネーツク州では国有銀行本店を義勇軍が6.16に占拠した。EUは、ウクライナを経由しない黒海経由で露ガスをEUに送る「南流」プロジェクトを容認すると発表した。米オバマ政権には打撃になった。
  ところが他方では、ドネーツク人民共和国の軍総司令官が、義勇軍の武器・弾薬・装備の欠乏と敵の優勢から、露に援助を求めた。ネオナチ軍はルガーンスク州 で人民義勇軍の80人以上を殲滅したと発表した。6月中にウクライナ東南部からの避難民10万人が東隣の露のロストーフ州へ流入した。露へ入ったウクライナ難民は6.19現在40万人に達したという。http://newsland.com/news/detail/id/1388218/  
  ポロシェンコは6.17にプーチンとの電話交渉で、東部での停戦、連邦化を目指す人民義勇軍の武装解除、露への国外追放の方針を表明した。プーチンは双方の交渉を提案した。ポロシェンコの提案はShellとの秘密協定の実現策の一環だから、義勇軍はこれを拒否した。
  米軍は露の西隣ポーランドとバルト3国へ駐留して露に脅威を与えている。そこから米軍用機でモスクワへは15分、S.ペテルブルグへは5分で、第3次大戦の接近が指摘されている。同時に他方、南方が無防備の米国は、カリブ海に遊弋中の露原潜ミサイルからと露軍事衛星からの電磁パルス攻撃で殲滅される脅威下にある。つまり、米国の連邦と州の政府機関、連邦軍、 産業、発電・送電、メディア、社会生活情報のあらゆるインフラや、電子機器、自動制御システムが破壊を受け、停電が発生し、通信、石油・ガスパイプラインが停止し、金融・銀行システムはマヒし、水や食料の供給、救急サービスがストップし、宇宙技術も機能喪失する可能性がある。http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_10/271045477/ 
  露の犯罪調査委員会は、ウクライナの内務相Arsen Avakovとドネプロペトローフスク州知事Igory Petrovskiyを露刑事法典の諸条項で定められた犯罪の実行容疑の刑事事件で告訴した。それは殺人の実行、禁じられた戦争実施の手段と方法の適用{毒ガスの使用等]、人の誘拐、ジャーナリストの正当な活動の妨害の容疑である。
  A.AvakovはI. Petrovskiy、ウクライナ国防省指導部との合意で行動し、意図的に複数市民の殺害目的で、東部諸州での懲罰作戦を組織し、軍人、「右翼部門」と所謂ナチ親衛隊の戦闘員らの行動と、特命大隊「ドニェープル」を自ら指揮した。国際的基準に反して一斉射撃システム"Grad"と軍用機の非管制ミサイルが使用されて、ジャーナリストらを含む民間人らが犠牲になった、と指摘している。
  露自民党党首ジリノフスキーはウクライナ東部の住民と人民義勇軍に15トンの人道支援物資と複数の車を送ったと6.18に発表した。彼はドンバスとルガーンスクがWW3の始まりで、NATOの露攻撃の日付は決まっていると言った。露の国防相ショイグーは、露軍が如何な る情勢変化にも備えていると6.18に内輪で言明した。
  しかし、いずれにせよWW3は創造主らにより許されない。
ウクライナ東部でのキーエフ政権の人権侵害犯罪に対する国連の非難: 当方のM Lを見よ
http://www.freeml.com/tatsmakijp/18/latest   



ポロシェンコは英Shell社等にウクライナ東部5州を50年間以上売った
2014.6.14; 更新: 6.16
  ウクライナのポロシェンコ新売国大統領がEUとの秘密協定で英国大手石油・ガス会社ShellとChevronに、シェールガス採取関連でウクライナ東部の5州を2014.1.24から50年間、延長権付きで売った。
http://newsland.com/news/detail/id/1385088/
  それは主としてドネーツク州とハーリコフ州の領土で面積7886km2である。それに含まれるのは大都市Slavyansk市、Izyum市、Varbenkovo市、大部分のKramatorsk市、Drujhkovka市とBalakleya市の一部、またその他数百の居住地である。
   それらのうち最大のものだけ挙げると、Gusarovka、Savintsy、Chervonnjy Oskol、Krasnyj Liman、Seversk、Yasnogorka、Avdeevka、Krasnogorovka、Orlovka、Kamjsevka、Novogrigorovka、Novonikolaevka、Toretskoe、Aleksandrovka、Novoaleksandrovka、Ocheretino、Petrovskoe、Belikaya Kamjshevaha、Chervonyj Shakxtyor、Petrovskoe 等である。.協定で彼等の財産は自分の物ではなくなる。
  ウクライナ憲法は国際条約が国内法に優先すると規定している。Shellとの協定の条項 5.3.3, 5.6.3, 5.6.4, 7.1(l) はウクライナ全国何処でもシェールガス開発区域に加えることを予定している。土地等の財産所有者が協定に反対でも、それらの財産権、常時使用権、賃貸借権、その他の第3者の権利は容認されないで停止される。そうした権利停止対象の全区間は、今後土地区画協定に基づきオペレーターに協定期間供与される。
  Shellが宅地、庭、企業、畑等の地下にシェールガスがあると言明する場合は、Shellがつける値段でそれらの財産を英国人らに売る義務がある。あらゆる補償なしである。
  これで国民の土地・住宅、財産が奪われる。売国の袋小路だ。英国人による領土開発経費は、キーエフ政府が社会保障費の削減と国民の血税から支払い、また 採掘したガス代金で当てる。Shellが支出したシェールガス掘削 に至る一切の間接経費も、同様にウクライナ側の負担だ。
  キーエフ政権による東・南部の軍事殲滅作戦強行はそのためである。
  スラヴャーンスクでもドネーツクでもキーエフ軍は水、電気等のインフラの破壊を推進し、重火器での攻撃で、東部殲滅作戦をしており、セミョーノフカは焼き払われて月面状態に変っている。大炭坑地帯のドンバスとドネーツクの社会・経済的達成物なしでは、ウクライナ経済は滅亡必至で、国の崩壊に至ると、露では見られている。EU、米国、IMFのウクライナ融資は焼け石に水で、建直せない。EUの財政破綻が進んでいる。
  スラヴャーンスク州では2012年に人口が約11.8万人だったが、今はたった7000人に激減している。ポロシェンコの平和計画とは東部の無条件降伏か、殲滅かの二者択一になっている。だからウクライナ軍は闘わないで崩壊するとの見方 も露にはあるが、東部連邦化運動では義勇軍でも、同胞と戦いたがっていないという。
   ウクライナのネオナチ勢力は2014.6.14に、キーエフの露大使館を襲撃して、国旗を引きずり降ろし、火炎瓶を投げ、車をひっくり返して破壊した。露側はキーエフ政権に大使館の安全保障を要求した。露の開会要求による国連安保理では、米・英・仏が露の事件非難決議の審議を拒否して、安保理が機能マヒ状態に陥った。他方ではキーエフ政権軍による露国境の侵害事件が起きている。これらは米オバマ政権による対露制裁政策をウ・露戦争へ拡大させる試みの一環だ。
  EU駐留米軍は約4万人で、それは主として独にいる(事実上のドイツ占領)が、1.5万人がバルト3国と露東隣のポーランドへ東進して、露に圧力をかけている。オバマはウクライナへ軍事介入しないと言明したが、キーエフ軍への軍事顧問団派遣、米軍特殊部隊と民間軍事会社部隊の参戦、武器・弾薬・装備品の供給で代理戦争をやっている。前に書いたように、米軍特殊部隊の1つが殲滅されたが、益々深入りしている。
  しかしイラク内戦の進展から米帝は傀儡政府への軍事・経済援助に乗り出し、70兆ドル以上の国家債務をさらに増大させて、新たなデフォル トへ向かいつつある。
  2014.6.14に東部の軍事殲滅作戦のためルガーンスク空港へ着陸しようとした将兵49人を乗せたキーエフ政権軍の露製イリューシン76型重軍事輸送機Iが武器、食料と共に、東部連邦化運動義勇軍の対空砲火によって撃墜された。またドネーツク州ゴルローフカでもキーエフ政府軍の戦闘機が撃墜された。これらの事件は、土地、住宅、財産を一方的に無償同然に略奪される東部の人民に希望を与えただろう。内戦は拡大している。
  こうしたなかで、19世紀、20世紀前半の強盗帝国主義の略奪方式がウクライナで復活している。日本人も、米帝国主義による非公開の反民主主義的なTPP押し付けで、違った形でこういう悲劇になりかねない。
  しかし時代が違う。米・EU帝国主義の他国植民地化政策とそのための戦争犯罪は、宇宙から、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界によって許されない。



住友化学愛媛県新居浜工場で6月8日 (日)に爆発事故が発生した
555本の使用済み核燃料棒も爆発した
2014.6.10  
  mixi情報によれば、住友化学愛媛県新居浜工場で2014.6.8 (日)に爆発事故があった。これは事実だった。
   そこには555本の使用済み核燃料棒が保管されていた。
  宇宙情報によれば、これも爆発した。
  放射線で西日本は壊滅する。西風なら関西地方、中部地方も、首都圏も放射線で壊滅的打撃を受ける。     朝鮮半島と中国も、ロシアのシベリア、極東とサハリンも大打撃を受けると。
   安倍政権もマスゴミも、この亡国事件を隠蔽している。
   CIA支配下の日本のマスゴミによる洗脳で米国を過信している日本人が多いから、多くの者が信じ難いことだと思うだろうが、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界からの宇宙情報によれば、重大なことにこの爆発事件は、保管中の555本の使用済み核燃料棒が保管施設への延焼で爆発することを計算した上で、CIAの手先が犯行に及んだ重大犯罪だったと。
   なお、福島1原発のミニ核爆弾3発による3.14爆破も、米・イスラエル連合の巨大犯罪だったと、米NSAのJim Stoneが暴露している:
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=YSU5bP12mH0&feature=endscreen 
  欧州放射線防護委員会は3.11から5年間に東北と首都圏の人口の60%が死亡すると発表している。これらのことは、日米安保条約による軍事同盟が亡国体制であることを示している。その上に、違憲・違法の「解釈改憲」犯罪による売国集団自衛権行使の安倍内閣による閣議決定と国会強行採決は、亡国加速の途である。露が北朝鮮と中国に技術供与した電磁パルス兵器の攻撃は日・米を壊滅させうる。日米安保条約廃棄、日本独立のため立ち上がれ。米国抜きの極東集団安保体制実現を目指せ。


米からのソロス巨額資金の国外移動でドル崩壊、世界金融恐慌が突発する
新アメリカ人民革命が起きて勝利する

日本時間2014.6.1 (記事は時系列で上から下へ)
  国際的な大投資家ソロスは、Newsland.ruが報じたように、ウクライナ経済復興へ各国からの多様な投資を可能にするため、無償の投資保険制度の創設をEUに提案した。
http:// newslan d.com/n ews/det ail/id/ 1378741 /  
  ところが、米独裁支配者ロックフェラーの指図で傀儡オバマ政権はEUの支配者気取りで、ソロスの提案に反対して干渉している。オバマ政権は、住民投票で民族自決権行使による独立・露連邦加入を決めたクリミアと、ウクライナ東部の連邦化運動を殲滅する軍事作戦に対外政策の主力を傾けて、キーエフ駐在大使Pyattからポロシェンコ新大統領(6.7に就任式)へ5.30に指図を行った。彼らは米国支配のNWO:新世界秩序樹立戦略を目指して対露戦争への途を展望しているからだ。
  宇宙情報によれば、米オバマ政権の反対に怒り心頭のソロスは、自分の巨額の在米投資資金を引き揚げて、EUの経済センター・ドイツへ移すことを決めた。
  宇宙情報によれば、米国では、ソロスが在米資金を総引き揚げしてドイツへ移す措置を米東部時間2014.5.31土曜日(日本時間6.1)にとることを決定した。5.31の09:00とすれば時差で6.1(日)の22:00にドイツの銀行へ入る。
  銀行は土日が休みだが、大口資金の移動だからソロスは銀行業務をやらせることが出来る。米マスコミが騒ぎ出すのは早ければ6.2(月)未明からか。
   米東部時間6月2日(月)の09amは日本時間の同日23pmだ。日本では、5.31〜6.1に報道なしだから、6.2のマスコミ報道に注意する必要がある。
  これで、米ドルは大暴落して米株式・資本市場は崩壊、世界金融恐慌を来たすことになる。
  その結果、資本制金権奴隷支配体制が大掃除を受ける。新アメリカ人民革命が起きて勝利する。


創造主らの無数宇宙ブロックス管理界のサタン類似者が
ソロスの在米巨額資金移動後のドル崩壊を一時しのぎの先送り

日本時間2014.6.3夜
  前の記事で発表したように、ソロスは在米巨額投資資金を米国からDeutsche Bank:ドイツ銀行へ5月末に移した。米東部時間6月2日(月)からのウィークデーにそれが明らかになって、米ドル相場の大暴落・ドル崩壊と米株式・資本市場の崩壊から、世界金融恐慌へ発展する見通しだった。
  ところが、宇宙情報によれば、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界のサタン類似者が、米国の悪の体制温存のため邪悪な介入に乗り出した。米国マスコミへのマインド・コントロールの結果、6.1(月)と6.2に米国で大スクープ・ニュースは報道されなかった。これでドル相場大暴落とドル崩壊の大変動は一時先送りになっている。
  しかし、宇宙情報によれば、今週に米マスコミがソロスの巨額資金の米脱出とドイツ銀行への入金の事実を暴露するに至る見通しで、そうなれば上記の大変動が不可避になる。


ソロスの在米巨額資金のドイツ移送報道:
CIAの横槍で禁圧を繰り返したが、米地方マスコミが暴露を決定した  

日本時間2014.6.6(金)夜半
  ソロスの在米巨額投資資金全部のドイツ銀行への移送情報の大ビッグ・スクープ・ニュースは、宇宙情報によれば、NYT:NYタイムズが米東部時間6月6日(金)の09amに発表予定だったが、米ドルと米株式・資本市場の崩壊を来たすから、米CIAが事前に横槍を入れて禁圧したので、発表出来なかった。
  そこでNYTの担当記者は、WP:ワシントン・ポストの同僚記者に情報を伝達して、発表させる措置をとったが、これも事前にCIAが手を打っていて、発表出来なかった。その記者は、WPの同僚記者に情報を伝達して発表させようとしたが、これも既に事前にCIAの手が回っていた。
  米マスコミ界の記者らは、この出来事を米民主主義へのファシスト的禁圧として憤激していて、大手マスコミに発表要請をしている。しかし成果は得られていない。この問題はネオナチ化したオバマ政権への言論界による闘いになってきた。
  そこで、遅まきながらもFL州、TX州、CA州LAの地方マスコミが暴露を決定した。米東部時間の6月7日(土)朝:日本時間夜中に、この大スクープ・ニュースが発表される予定だったが、またもCIAの妨害で遅れて、同日午後:日本時間6.8午前になる見通しだ。その後の大変動は、既に上述した通りになる。 









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
西日本が連続集中豪雨と大地殻変動で2〜3年後に沈没する 創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる