創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 巨大なる暗黒ガス雲飛来して6月末に地球消滅

<<   作成日時 : 2014/03/13 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アクセス数: 770122
5ヵ所計: 3173562


安倍欧州歴訪の決算:
安倍も偽善的な二重基準の邪悪な対外政治路線を暴走
―ウクライナ情勢の解決方向

2014.5.7
  ウクライナのネオナチ・クーデターのテロリスト政権が、Newsland.ru2014.5.6号によれば、東部のオデッサで5月2日に米国特殊部隊の指図のもとに親露派市民を銃撃し、労組会館へ逃げ込んだ人々を多くの火炎瓶による放火と毒ガスで焼き殺して、84人を虐殺し、200人以上を負傷させた。ウクライナ内務相代理S.チェボターリと検事総長臨時代理O.マフニーツキーの6日の発表によれば、それは政権の「Right sector右翼局」(ネオナチ)が計画的に行ったもので、民兵らが加担した。近く「右翼局」幹部らを含めた拘束が行われるという。
  欧州歴訪で安倍は「力による現状変更は認められない」と言明したが、ウクライナの現状を米・EUの支援で武装テロ暴動で打倒して政権を奪取したネオナチ政権を、安倍は支持して、米・EUと同じ偽善的な二重基準の邪悪な対外政治路線を暴走している。マスゴミはそれを無批判に宣伝している。
  露の地政学問題アカデミー総裁イワショーフ退役大将が、集団安保機構、上海協力機構、BRICS、その他の国際機関の旗の 下にウクライナへ平和維持軍を派遣して、紛争 双方を分けるべきだと主張した。しかしイワショーフの調停案では問題は解決できない。 
  これまで対米軍事紛争回避の必要から自制してきた露政府は、ウクライナ東部の紛争地域へ平和維持軍を送り込むのか、それは、ウクライナのネオナチ・クーデター政権を支持して特殊部隊で東部で弾圧作戦を指揮している米国、NATOへの反撃にはならない。
  それとは別の方向へウクライナ情勢を進展させる方途はあるのか?それはある。日本を含めた西側のマスゴミが「ウクライナ暫定政権」とだけ書いて、米・EUと同様にそのネオナチ政権を支持しているが、そうしたウクライナ植民地化では何も解決しない。解決は、米・EUの推進と支 援で武装テロ暴動のクーデターをやったキーエフのネオナチ違法・犯罪政権を打倒する闘いに、ウクライナ全国で人民が立ち上がって闘う以外にない。世界中の平和・民主・進歩勢力は、彼らの戦いと連帯して共闘せよ。それが、ウクライナ発の第3次世界大戦への歩みを阻止することを可能にする。


安倍・オバマ東京駆け引き交渉の真相

2014.4.24
  来日したオバマと安倍のトップ交渉の結果、オバマは、日清戦争で明治政府が台湾、澎湖諸島と共に清国から奪取したとして米国では周知の釣魚諸島=日本名尖閣諸島が、現在もなお日本の施政下にある以上、 日米安保条約第5条の適用対象であると主張して、これまでのヘーゲル(国防長官)、ケリー(国務長官)の言明と同様に記者会見で偽善的に言明した。
  だがそれは、70兆ドル以上の国家債務の重圧下でデフォルト・米ドルと経済の崩壊・体制危機を避けるため、日本の関税全面撤廃による日本経済の乗っ取り戦略をTPPで実現するための単なるリップサービ スに過ぎなかった。米国は領有権に関与しないとのオバマの言明が、それを暗示している。
[備考資料 京大名誉教授井上清:不朽の証言]
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html
   何故ならば、最新宇宙情報によれば、中國の支配者ロスチャイルドの指図で米独裁支配者ロックフェラーは、 2013.2.28の中共第12中全会が決定した中国軍による釣魚諸島(日本名尖閣諸島)の奪還軍事作戦が実施された場合は、米軍は中国と戦争に突入することを回避して、中立・不介入を堅持することを極秘裏に決めているからで ある。そのことで日米安保体制は崩壊する。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/77.html  
  他方、歴代内閣が承認してきた「村山談話」は、釣魚諸島について言及しない欠陥があった。野田民主党政権は、周辺の石油・ガス資源の埋蔵予測から、釣魚諸島を国有化し「尖閣は日本固有の領土である」と偽りの帝国主義的宣言をして、安倍自公政権がそれを継承した。それは中國指導部と中国人の対日敵対感情を挑発して、大規模な破局的迷路へ進んだ。
  前記中共12中全会は13.2.28に、中国軍指導部が提出した台湾・韓国・日本の占領作戦計画を多数決で決定した。明治政府が戦争で清国から奪取した釣魚諸島を仮に中國へ返還すれば、その場合は、日中の平和的関係へ活路が開ける可能性があったが、野田政権も安倍政権もそうしないで、自分で史上最大の国難へ走っている。
  大局観なき短絡思考による利己的な目先の利益追求と急場しのぎ対策が特徴になっている明治時代以来の日本対外政策の伝統的な一面的判断の無能な錯誤と、米帝国主義の対外政策上での利己的な詭弁の偽善的対応が、今回の安倍・オバマ東京交渉にも鮮明に現れている。
  TPPでは、関税の全面撤廃要求堅持のオバマと、同調すれば日本農業壊滅・自民党分裂・内閣崩壊になりうるから限定的譲歩に応ずる安倍との対立から、共同声明の発表がマスコミの中止報道のあと難航していた。しかし安倍らは、尖閣も米日安保第5条の適用対象であるとした米側の偽善的なリップサービスと、安倍が表明した集団自衛権行使に関するオバマの評価とから、オバマに譲歩して、関税の大幅引き下げの売国に及んで、共同声明をまとめた。
[韓国情報] 韓国フェリーSEWOL号の沈没は、韓国潜水艦がSEWOLを敵艦と見立てて行った軍事演習でSEWOLの船首に衝突した結果だった。サード・オフィサーの急旋回は間に合わなかった。船首についた数条の鮮明な深い傷跡がそれを示していた(日本のTV)。朴大統領と辞任したチョン・ホンウォン首相はその犯罪を隠蔽した。


北極の南下
2014.4.20
宇宙情報によれば、北極が3.21〜4.20に約150km南下した。この間に寒波が襲来した。 そこで、当方の要請で創造主らの無数宇宙ブロックス管理界は、北極を元の位置に戻した。 その結果、気温が4月下旬らしく上昇するだろう。
こうしたサイクルは今後も繰返されるだろう。                たつまき



新アメリカ人民革命が始まりつつある 
勝利が近いがロックフェラーが矮小化策動
 

2014.4.15    
  米独裁支配者ロックフェラーと歴代の傀儡政権による悪名高い新自由主義政策の強行で、米人口3億5410万人(国連人口基金2010.7調べ)の29%=1億270万人が貧困者化されていて(米自殺防止局発表)、貧困水準以下の生存の脅威下にある人は人口の16%:5666万人に達している。米若者の失業率は2012年で37%に達している。失業保険金支給対象の除外者は200万人(2014.1.1)で、2014年3月に85万人が失業保険金支給を打ち切られた。こうしたことからも、引き続く戦争からも、人口の25%=8852万人が精神病患者になっている(AMA:米医学協会発表)。
  米デフォルトの切迫、米経済崩壊 と体制危機の接近を回避するため、第2次大戦への参戦でやっと不況から脱出できた歴史的経験を、ロックフェラーが傀儡オバマ政権を使って新しい諸条件下で新形態で再現する計画である。
  そうした目的で強行した911自作自演によるデッチアゲた口実でのアフガン、イラク侵略と占領は失敗に終った。次いでシリアへアフリカ、中東、アジアその他の83ヵ国から約10万人の訓練した傭兵を送り込んだ隠然たる侵略戦争も、失敗している。米国家債務は70兆ドル以上に達している(カリフォルニア経済大教授発表)。
  極東でも、米韓合同大軍事演習の繰り返しによる第2朝鮮戦争の軍事挑発が、同じ目的から行われている。2014.4.11から米韓合同でF15戦 闘機1400機の参加による北朝鮮領空近くでの空軍大演習も始まっている。弱小民族国家北朝鮮は「窮鼠猫を噛む」の瀬戸際で、国家存亡の危機に追い込まれて、冷静さを失い勝ちで日本海へミサイル連射に及んでいる。
  他方では、ロックフェラーとオバマは危機脱出のためTPPで日本経済の乗っ取りを目指している。  
  米軍事行動会社は先週ウクライナへの部隊派遣を行った。こうして、米によるウクライナへの軍事干渉の拡大が起りつつある。米露の第3次大戦へ向かう可能性がある。 
  これらと関連して、宇宙情報によれば、近く戦争反対と新アメリカ革命を目指す人民運動がニューヨーク州、フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州等で始まる。
  既にネヴァダ州では、オバマ政権の農場奪取行動と戦うため、周辺の数州から5000人の武装民兵が先週に到着した。彼らはオバマ政権の略奪政策と戦うため連邦軍と戦闘を開始する。これは、米国での内戦開始である。宇宙情報によれば、新 アメリカ人民革命は勝利する。
  ところが、米独裁支配者J. ロックフェラーは資本制金権奴隷支配体制の温存のため、新アメリカ革命をその体制の枠内での改良主義形態だった旧ソ連型の全一支配的国家資本主義体制に限定するため策動している。それは、万事無償奉仕社会へ移れとの創造主らの天命に対する挑戦であって、許されない。
  地球大掃除が行われる。英国天文物理学者A. シェルヴィンスキーが発表して、「ロシアの声」サイトが報じたように、常識に反してブラックホールから発して、地球へ接近している半径1億6000万kmの巨大な暗黒ガス雲が、創造主らからの知らせで地球の1.3倍規模の巨大な球体磁気エネルギーと共に、2014年6月末に地球を消滅させる。
http://ameblo.jp/tatsmaki
http://tatsmaki.blogspot.jp (English version)


ウクライナ東南部が大統領を選出 彼の情勢評価と方針
2014.4.18
  ウクライナ東南部は自分らの大統領を選出したと、Newsland.ru(2014.4.17)が伝えた。大統領に選出されたのは、ルガーンスク州司法長官で元高裁長官のアナトーリー・ヴィジールである。これは、米主導のテロ暴動でクーデターによりウクライナの政権を違法に奪取したネオナチ諸党の所謂「暫定政権」への反撃の歩みの1つになった。
  彼はドンバス人民へのアピールの中で、国の東南諸州の人民に保護を約束した上に「ネオファシストらによって背信的に侵害された憲法体制」の復活を彼等に保障した。
  ヴィジールは、ウクライ ナで非民主的な方策でクーデターの結果政権に就いた「ファシスト一味の徒党」は阻止されると言明した。彼は、あらゆる軍人が人民への宣誓をして、人民擁護に立ち上がるよう訴えた。彼はロシア国民に、ウクライナ東南部の連邦化を支持するように訴えた。またウクライナのスラブ人とその他の人民を血に溺れさせないように要請した。彼は米国とEU、世界コニュニティーに、起っている過程とウクライナ連邦化に干渉しないよう呼びかけた。彼はウクライナでの米軍兵士の否定できない存在の各種証拠があると強調して、「NATOの全軍人を配置基地へ呼び戻すよう」米国へ要請した。
  ヴィジール・ウクライナ東南部新大統領は、キーエフがウクライナ連邦化を承認し、「ファシストの”自由党”とファシスト諸団体」を禁止し、民族主義的な各種徒党を武装解除し、ウクライナ語とロシア語を国家用語として承認し、「国家間の対立を煽る馬鹿げた各種法律を可決している国会を解散する場合には、キーエフとの交渉の用意があると言明した。
  これは、キーエフの違法なネオナチ・クーデター政権に不利な新情勢の現われで、ウクライナ東南部での2重権力状態の出現を意味している。これはまた、キーエフのネオナチ政権による東南部武力弾圧の拡大に伴って、今後露のプーチン政権をウクライナ東南部への軍事支援へ踏み切らせるプッシュになった。そしてそれは、米国の内戦開始・拡大へのプッシュにもなった(ブログを見よ:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html ) 。
  4.17からジュネーブでウクライナ問題解決のためのウ違法政権・露・米・EUの4ヵ国交渉が始まった。4ヵ国は違法クーデターと現情勢に関するヴィジール・ウクライナ東南部大統領の上記見解と要請を認めて、解決策を決めるべきだが、キーエフのネオナチ違法政権とそれを支持しているネオナチ化した米帝の好戦的侵略性の強まりからして、交渉決裂の可能性がある。その場合、それは米国での内戦開始・拡大のもう1つの新たなプッシュになる。
[追加情報] 2014.4.18
Newsland.ru(4.18)によれば、事前に露のラブローフと米のケリーが会談し、EU外相とキーエフの外相代行が会談して、ジュネーブのウクライナ問題国際会議は、キーエフのネオナチ政権代表の参加なしで、露・米・EUの3ヵ国で開かれて続行されている。それは露がキーエフの違法ネオナチ・クーデター政権をウクライナ代表と認めていないので、露側の拒否から、ネオナチ政権代表の参加を米・EUが認めたら、会議が開けないからだろう。
http://newsland.com/news/detail/id/1357748/ 
[備考] ウクライナへ潜入した「米海軍特殊部隊が全滅」G20、G7でバレバレ、米国は「対ロシア追加制裁」を議題にできず権威失墜(板垣英憲):
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/0bdbbb02a44e32e07c34d1502286815e#comment-list
[追加情報]
2014.4.18
  ネオナチ・テロのウクライナ・クーデター政権が欠席した3ヵ国交渉では、クライナ東部での抗争双方の武装解除で合意した。米オバマ政権は、対露代理戦争を来たすキーエフのネオナチ政権への武器援助を実施しないと決定したが、生活物資の援助を決めた。東部諸州の政府・警察等を占拠していて、東南部の新大統領を選出した親露派市民らは、キーエフの違法政権も武装解除しない限り応じられないと、武装解除を拒否した。プーチンは、国会が承認した東部親露派への軍事援助権行使を留保している。キーエフ・ネオナチ政権の出方次第だろう。東南部は2重権力状態下で、キーエフ政権側の戦車や部隊では親露派市民側への寝返りが続出しており、情勢がネオナチ政権に不利に進展している。


ソ連を解体したゴルバチョーフの起訴と正体 米国では内戦開始
2014.4.13
  M.S.ゴルバチョーフは、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、ソ連時代からイルミナティの幹部ヘンリー・キッシンジャーと彼のボス デーヴィッド・ロックフェラーの手先である。 ソ連解体は1986年のチェルノブイリ原発の爆発から始まった。それは、米国がアラスカ東南に配備した米国の地震兵器HAARPの旧世代により、同原発直下での大地震を起した結果だった。 米・ロ冷戦下での米帝の手先、対敵協力者で当時のソ連大統領だったゴルバチョーフは、ソ連解体宣言を行った。それは米帝との冷戦でのソ連の敗北宣言になった。 ロシア下院の議員グループがゴルバチョーフの起訴を最高検へ要求した。
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_10/271017441/
  他方では、旧ソ連は、資本制金権奴隷支配体制の枠内での改良主義の独特な形態だった。旧ソ連は、国民と共産党員の大量弾圧の犯罪を行ったスターリンの独裁体制下での全一支配の国家資本主義体制だったからである。
   現在は、米露間での新冷戦が始まっている。米・EU連合は、米帝が推進したウクライナのネオナチ諸党による暴動クーデターで権力を奪取した違法なネオナチ政権を支持している。彼らは、違法なネオナチ政権の支配に反対して民主主義の基本原則の1つである民族自決権の行使で独立と露連邦への加入を決めたクリミアとロシアへの制裁を強行している。新冷戦はその結果だ。
  米デフォルト、経済崩壊と体制危機・新アメリカ革命の回避を目指して、ネオナチ化した米オバマ政権はEUと共に、東欧の再分割と支配をウクライナの植民地化推進で発展させており、さらに米帝はロシアの再分割・支配と資源乗っ取りを目指している。それは、米独裁支配者ロックフェラーの総路線である。
   しかし、米軍事行動会社が今週行ったウクライナへの部隊派遣、米帝による軍事干渉の拡大と関連して、宇宙情報によれば、近く戦争反対と新アメリカ革命を目指す人民運動がニューヨーク州、フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州等で始まる。これには、カリフォルニア東のネバダ州でオバマ政権の農場奪取行動と戦う周辺数州からの5000人の武装民兵の戦闘開始を追加する。これは、米国での内戦開始である。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51923920.html
  スノーデンが暴露した情報窃取の人権侵害による米憲法修正第4条の事実上の廃止に反対し復活を要求するスローガン "Restore the Fourth!"の米ネオナチ化反対の全米運動はこう成長転化する。 ブッシュ政権とオバマ政権の悪名高い新自由主義政策の強行で、労働運動の歴史的獲得物が全部奪われた(AFL・CIO発表)労働者階級と、米国人口3億5410万人(国連人口基金調べ2010.7)の29%=1億270万人の貧困者(国家自殺防止局発表)を中心に、崩壊過程にある中間層の貧困化層を含めた所謂"We are The 99%"の米国人民の大多数が決起して闘う。新アメリカ革命は勝利する。


警世短歌 2014 たつまき
2914.3.31
☆ 万事無償奉仕社会へ移れとの 創造主らの指示に従え
☆ 創造主ら地球を無償で与えたが 人は金権悪星にした
☆ 創造主ら 地球の地殻変動で 悪の惑星大掃除する
巨大なる暗黒ガス雲飛来して6月末に地球消滅 (:2014.6)
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_01/123749423/
巨大なる磁気球体も飛来して地球消滅6月末に
☆ トカゲ座のレプ変身体の植民地悪文明の地球消滅
 (レプ変身体:トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド[4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド]のShapeshifters=変身体)
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/48.html
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/40.html
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html

☆ 満開の染井吉野は知っている 地球消滅3ヵ月後と
[備考] 英国天文物理学者が発表(ロシアの声サイト)
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_01/123749423/
☆ 満開の染井吉野の刹那の美 これ見納めと暫し佇む
[備考] 大発見: 「植物は考えている」(ロシアの声サイト)
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_12/269062127/
宇宙情報によれば、染井吉野は先のことを知っている。

こうして、3ヵ月後の6月末に地球が消滅することも知っていると。


中國が6ヵ国との戦争を計画している 
2014.4.4
  独首相A.メルケルことナチドイツの旧独裁者ヒトラーの娘(宇宙情報)は、最近中國の習近平(中共総書記・中國国家主席)が訪独したとき、1735年の中國地図を習にプレゼントした。地図では当時の中国領が現在より北へ拡大して書かれていた。それは、ウクライナ問題での露によるクリミア編入受入れ決定反対から、露・中関係へクサビを打ち込み対立・紛争を挑発する狙いからだった。
  Newsland.ru(2014.4.3)によれば、中國指導部は中華帝国が歴史上敗戦で失った1600万km2(現中国領の1/6の広さ)の失地回復のため、2020〜2025年に台湾との、2055-2060年に露との戦争を核攻 撃で予定している。彼らは、台湾、 モンゴール、ロシア、インド、ベトナム、日本との戦争をしなければならないし、中國の最悪の敵ロシアがまた分裂するよう努力しなければならない、と考えていると、Wenweipoが書いた。ロシアは占領した土地を譲渡するしか、よんどころないと認識しているとNewsland.ruは書いている。
http://newsland.com/news/detail/id/1349162/ 
  それは、資本主義的に変質して高度成長路線を走って世界第2の経済大国化している中共と中国の中華帝国主義の侵略性が強まっている結果である。
  米・露・中を含めて世界中の核兵器は既に銀河連邦の宇宙船と創造主らによって一掃されていて、補充生産と再配備も阻止されている。
  前の記事で書いたように、中共中央委12中全会は2013.2.28に台湾・韓国・日本の軍事占領の戦略計画を多数決で決定した。
  宇宙情報によれば、ロシアはこのままだと、東シベリアと極東を2030年代末に中國へ譲渡することになる。
  ところが、既に書いた通り、宇宙情報によれば、地球へ接近しつつある半径1億6000万kmの巨大な暗黒ガス雲と地球の1.3倍規模の巨大な磁気球体が、第3次大戦勃発の前に、早くも本2014年6月末に地球を消滅させることで、悪の文明惑星地球は終りを告げる。そうした早鐘が鳴っている。


STAP細胞作製は事実だった それは存在している
2014.3.25
  宇宙情報によれば、小保方晴子(日本の細胞生物学者。早大工学博士2011年、独立行政法人理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・リーダー)によるSTAP細胞(体細胞を初期化することにより、全ての生体組織と胎盤組織に分化できる多能性を持った細胞)の作製での成功は事実であった。STAP細胞は、マウスの体細胞を弱酸性の溶液に浸すなどストレスを与えるだけで、細胞が受精卵のような未分化の状態に初期化され、体のどんな器官にも分化・発達できる万能細胞になるという画期的な大発見とされている。 それは、i PS細胞より容易に短時間で得られるので、世界的に注目された。
  その作成までの過程と雑誌Natureに発表した論文での幾つかのミスは枝葉末節で、STAP細胞造りの事実を否定するものではない。他人が再現実験に成功しないのは、実験の方法と諸条件に欠陥があるからである。小保方の指導の下に再現実験すれば、再現できると。小保方の共同研究者で米国のハーバード大医学部のチャールズ・バカンティ教授、常田聡(早大教授)、武岡真司(早大教授)、大和雅之(東京女子医大教授)は、i PS細胞を開発して2012年にノーベル医学生理学賞を受けた京大iPS細胞研究所教授の山中伸弥と同様に、小保方のSTAP細胞作製事実を否定していない。
STAP細胞作製の疑惑・否認キャンペーンにバカンティ教授が反論した(YouTube):
http://www.youtube.com/watch?v=uB66ovxmPXc
  STAP細胞の作製成功は、日本の世界的貢献になった。 製薬大資本連合と経団連の利益の金権手先で、地球人口の犯罪的削減を目指すイルミナティの手先たる日本のマスゴミによるSTAP細胞否認の総攻撃キャンペーンは覆された。
  筆者は以前に宇宙情報から小保方を詐欺師と呼んだが、それはその後の精査の結果、宇宙情報によって撤回されて、小保方晴子によるSTAP細胞の作製成功が事実だったと認定された。
   但し、以前に書いたように、遺伝子工学の戦略的課題がある。太古に邪悪なETらによって12条DNAを切断されて、残された地球人の2条DNAとその間近に残されている所謂Junk(屑) DNAこと10条のDNAを繋ぎ直す遠大な課題の展望から見ると、STAP細胞の作製は小さな成果に過ぎない。
  それは、山中伸弥と同様に小保方晴子も、太古以来の地球侵略・植民地支配者トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)のShapeshifters=変身者で、同類のイルミナティの方針に従って、地球人の12条DNA・遺伝子の切断と邪悪な遺伝子設定の現状を変えるつもりがないからである。
[追加情報]
2014.4.1
   理研はマスゴミに同調して3.31に、小保方晴子のSTAP細胞作製に枝葉末節の汚い揚げ足取りの感情的非難攻撃をした。小保方は「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。研究不正と認定された2点については『悪意のない間違い』であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことはとても承服できません。…このままではあたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません」と反論した。さらに理研に対しては近日中に不服申し立てをすると言明した。
  理研理事長の野依良治(ノーベル化学賞受賞者)は自分の顔に下劣で不名誉な泥を塗った。山中伸弥もマスゴミの情報犯罪に短絡思考で同調して、自分の名誉を汚した。

[新情報]
STAP細胞の存在が香港中文大の再現実験で実証された
2014.4.3
  英国ガーディアン紙によれば、香港の中文大学教授のケネス・リー(再生医学)が、小保方晴子の共同研究者ハーバード大のバカンティ教授が示した手順でSTAP細胞の再現実験に成功した。

http://gendai.net/articles/view/geino/149205


(ウクライナ情報の最新情報は下へ)
[新情報]    
ウクライナ・クリミア問題でイスラエルがロシア支持

2014.3.12
  Newsland.ruによれば、イスラエルはウクライナ・クリミア情勢に関してロシアを完全に支持したという。ユダヤ人がドイツ・ファシズムの犠牲を被った歴史から、ウクライナで米国主導で暴動クーデターにより政権を奪取したネオナチ諸派の支配への反対からだろう。
  ロシアの金融寡頭支配者の99%と閣僚の多くがユダヤ人で、世界最初にイスラエルの建国を承認したのが、指導部でユダヤ人が多いソ連だったこと、イスラエルではロシアからのユダヤ人移民が多いことが背景にある。
  イスラエルが米国政界で支配的影響をもっ ていることから、ウクライナ・クーデ ターとク リミア問題でのイスラエルのロシア支持は、米オバマ政権に影響を来たし、今後の情勢の成り行きに大きな影響を及ぼす可能性がある。


[新情報] ウクライナ軍がクリミア部隊を解体した
2014.3.15
  WSJ2014・3・13によれば、ウクライナのネオナチ・クーデター政権は米オバマ政権に大量の武器・弾薬、通信手段、航空燃料、暗視計器、諜報情報の提供を要請したが、ペンタゴンは「目下はNO」と拒否の回答をした。個々のケース別配給食料だけはすぐ送ることに同意したという。newsland.ru2014.3.15が報じた。
  これは、クリミアとウクライナ東部での露軍の出方次第ではペンタゴンがネオナチ政権への軍事援助を行う意向を示唆した。
他方、クリミア駐留ウクライナ部隊と艦隊は新政権への批判と反抗を強めて、中央の命令に従わず、指揮官の多くが権限を返上して、戦闘準備態勢にないとの判断から、クーデター政権の国防省臨時代理Igory Tenyuhはこれらの部隊と艦隊を解体して、西部の部隊へ補充配属すると決定したと、Newsland.ruが3・15に報じた。
  しかし、これらの部隊を西部へ配転すれば、西部でも東部、クリミアと連携して反クーデター決起の動きが広がる。既に東部、南部とクリミアでは新政権成立と国会の決定を不法で、ヤヌコーヴィチ大統領の解任を無効と見ている。
  ラブローフ露外相とケリー米国務長官の3・14の6時間交渉は決裂で終ったが、ラブローフはウクライナ東部への露軍侵入計画はないと3・15に言明した。
  3・16クリミア国民投票でクリミア独立・露連邦加入が決定する。


[新情勢情報]
クリミア自治共和国のウクライナからの独立と露連邦への加入が
国民投票で決定した 米・EUネオナチ連合は新冷戦 

2014.3.17
  クリミア自治共和国で3.16に国民投票が実施された結果、83.1%の投票率で96.77%の圧倒的多数の
"Да"(Yes)で、クリミアの独立とРФ(露連邦)への加入が決定した。
  スノーデンが暴露したNSAによる情報窃取とプライバシーの事実上の廃止、そのことにより個人・施設等の情報安全保障を規定した米憲法修正第4条の事実上の廃止、逮捕状・弁護・裁判なしで無期限の米市民の拘束を規定した国家安全保障法、愛国者法等、全米200ヵ所の強制収容所のスタンバイ状態、オバマ政権による内戦用スナイパー・ライフル銃等の自動小銃と銃弾等の過去最高規模の調達と輸送・配備、連邦軍での米市民の銃撃訓練実施等々が実証した、オバマ政権のネオナチ化という米国新情勢下で、米帝の国際行動も変ってきてい る。
  その新情勢下で強行された米主導の暴動クーデターで成立したネオナチ党「祖国」党首のヤツェニュークを首班とした違憲のネオナチ新政権を米・EU連合は支持している。それは、国際政治の動向をネオナチ政治の主流化へ導いている。その上今度は、ウクライナ・ネオナチ政権を支持する米・EU連合が、一般民主主義的原則の民族自決権を行使するクリミアの独立を目指す国民投票を乱暴に否認・非難し、露連邦への加入を妨害するロシア制裁の実施を決定して、新冷戦へ暴走し始めた。


ロシアはクリミアの露連邦編入手続きに入った
2014.3.18; 3.22  
  プーチンは2014.3.18に露議会の上下両院合同会議で、クリミアの独立承認に基づく露連邦編入要請の承認、編入条約調印を表明して承認された結果、編入手続きに入った。
備考情報:
http://tanakanews.com/140320russia.htm


EU・米の対露金融・経済制裁の拡大は自殺的ブーメラン
2014.3.23
  オバマはウクライナのために武力行使するつもりはなく、厳しい対露金融・経済制裁を行うと言明した。しかウクライナの対露債務160億ドルの返済困難とEU・米国の援助も困難である。その上、石油・ガス、その他の原料資源を大きく露に依存しているEU諸国は、大統領、首相らの対露制裁表明が実効性に乏しく、ドイツでは、ウクライナの暴動クーデターで不法に合法政権を打倒したネオナチ諸党の新政権への批判が広がっている。米国でも同様だ。
  EU諸国は対露金融・経済制裁を拡大すると、自国へ跳ね返って自殺的なデフォルト、金融・経済崩壊が起きて、米国のデフォルト発生を来たし、世界金融・経済恐慌になる。
  米・EUはウクライナの乗っ取り・植民地化戦略上での第1段階で、米欧依存のネオナチ政権実現に成功したが、クリミア独立・露連邦加入で敗北して、対露制裁でも失敗しつつある。
  他方では、ウクライナのナオナチ暫定政権のEU加盟協定に双方がブリュッセルで3.22に調印した(Newsland.ru:3.22)。ネオナチのヤツェニュークはNATO加盟方針を表明し、NATOは、同政権のNATO加入、NATO軍のウクライナ進出、対露国境での軍事圧力増強を画策している。EU諸国と米国で対露軍事挑発路線への反対世論が高まるだろう。
  
  クリミア共和国で自衛隊基地をスパイしていた米無人機2機が撃墜された。New.Zi.ruが伝えた。写真は同所。

画像








ウクライナでネオナチ政権打倒の内戦開始へ
2014.3.26
   ウクライナの暴動クーデターで政権を奪取した臨時政府主流のネオナチ党「右翼局」の党首ドミトリー・ヤーロシは、国会が任命したアルセーン・アヴァコーフ内務相の即時辞任を要求した。
これに対してアルセーン・アヴァコーフと国家安全保障会議書記アンドレイ・パールビーは、民警部隊と武装部隊「祖国」の協力でネオナチ党「右翼局」の3〜4人の指導部と西部を含めた全国の下部組織、彼らの「国家親衛隊」の粛清を実施することを決定した。また党幹部らを26日への夜中(日本時間3.27)に逮捕し取調べするよう命じた。Newsland.ruが3.26に報じた。
  「右翼局」は武装抵抗して、内戦に突入するだろう。ネオナチ・クーデターの臨時首相ヤツェニュークらのナオナチ党「祖国」が、「右翼局」に同調したり協力すれば、破滅だ。クーデターに反対してヤツェニュークに解任された3人の国防相臨時代理を先頭に軍が内務省に味方すれば、ウクライナ情勢は明るい展望に向か う可能性が開けつつある。


露のNewsサイト: IMFがウクライナをプーチンの手に引き渡す
2014.3.27
  Newsland.ruによれば、ウクライナは2015年の支払いの必要からも、これまでの150億ドルではなくて、370億ドルのIMF融資を必要としているが、IMFが出した融資条件では現行の年金月額$165=¥16830($1=¥102として)を半分以下の$80=¥8160に引き下げなければならない。それでは生活出来なくなるから、ウクライナ西部もロシアへの編入を求めることになるという。露の年金平均額は12000ルーブル(2013)=¥34400(1RUB =¥2.87で)だから、ウクライナの4・2倍だ。Newsland.ruは、IMFがウクライナをプーチンの手に引き渡すと書いている。
  その上、オバマは米国産シェール・オイル・ガスのEU向け輸出でロシア経済を崩壊させると言ったが、直ちにおいそれとは行かない。ロシアは輸出の石油・ガス決済をドル以外の通貨に全面変更すれば、米ドルは暴落し米経済は崩壊すると書いている。経済戦争の結果も米国支配者ロックフェラーに不利な下り坂になっている。
http://newsland.com/news/detail/id/1345585/


ネオナチ与党「右翼局」が国会襲撃、禁止で内戦へ
2014.3.29; 3.30
 Newsland.ru(3.29)によれば、ウクライナの輸出は年間30%、輸入は24%減少した。平均賃金は10,000ルーブル余り=¥28,700余りである(1rub=¥2.78として)。ところがそれが、2014.1だけでも平均13%、南部のセバストーポリでは24%も下がった。大多数の人民が生存の脅威に直面している。
   Newsland.ru(3.28)によれば、クーデター政権首相ヤツェニュークは、ウクライナが金融・経済破綻の瀬戸際にあると言明した。ネオナチ与党「右翼局」は棍棒を持ち覆面をして国会を襲撃した。国家安全保障会議議長A.パールビーや内務相A.アヴァコーフはこの「右翼局」の指導部と組織全体の禁止意向を表明した。
   他方、ロシアの保健省、財務省と経済発展省は、2014.4.7までにクリミアにも無償医療の国家保障を適用すると決定した。露へ亡命中のヤヌコーヴィチ大統領は、ウクライナ全国での国民投票の実施を呼びかけた。内容は目下不明だが、新形態のソ連復活の試みか。ウクライナ情勢は益々激化している。 


ウクライナは解体へ
2014.4.8
  ウクライナは米・EU帝国主義主導の暴動クーデターで政権を奪取したネオナチ諸党の支配下で、売国・植民地化の過程にある。その結果ロシアではウクライナは解体過程にあると見ている。ソ連からのウクライナ独立後の23年間で露はウクライナへ2500億ドル、年間100億ドル以上の支援を非償還、帳消し、無利子、債務、直接投資、プラント供与等で行ったと、newsland.ruが2014.4.8に書いた。それはロシアの老人、子供、障害者、貧困家庭から取り上げたものだったという。それが米・EUのウクライナ植民地化・西部乗っ取りで無に帰する。プーチンの失政と露のだらしなさが目立つ。麻生副首相が、ロシアはキーエフから始まったことから、露のウクライナへの思いはそこから来ていると言った。
http://newsland.com/news/detail/id/1352539/ 
  こうして、南部ではクリミアの独立・露連邦加入に続いて、東部最大都市のあるハーリコフ州と重工業中心地のドネーツク州で親露派住民が州政府を占拠し、旧ソ連国歌を流しながら臨時議会で独立・人民共和国樹立を宣言した上に、露連邦加入の国民投票実施を決議した。
  ルガーンスク州でも親露派住民の州政府占拠が続いて いて、南部のクリミア北西ニコラ―エフ州へも親露派決起が広がっている。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0802Z_Y4A400C1EA2000/
  キーエフのネオナチ政権は武力弾圧を展開している。NATO事務総長ラスムッセンは、露が武力介入すれば重大な結果になると警告した。第3次大戦か。ドネーツクの親露派は露の平和維持軍派遣を要請した。露外相ラブローフは、武力介入の意図なしと言明した。
  その結果、これらの州では事実上の2重権力状態になるだろう。これらの東部諸州との内戦へ向かう可能性が大だ。オバマは、ウクライナのために露と軍事紛争するつもりはないと以前に言明したが、NATOがクーデター政権へ軍事援助すれば、露も対抗して、事実上の代理内戦になる可能性がある。


  




















 

  


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
☆ 巨大なる暗黒ガス雲飛来して6月末に地球消滅 創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる