創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国東部大地震、NY沈没>英国大地震>地中海沿岸地方の大地震が続発する

<<   作成日時 : 2010/03/07 20:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 0

米海中石油掘削の爆発事件は
エリザ2世英国女王ことレプティリアン変身体が主犯だ

事件は世界的破局へ拡大する

2010.5.6
  米国ルイジアナ州沖のメキシコ湾で、ロスチャイルド系の英BP社が石油掘削作業中に爆発を起して、大量の原油が噴出している。米ロックフェラー=オバマ政権はBPを非難したが、対策はBP任せで無責任な成り行き任せだ。原油噴出の停止には3ヵ月以上かかると言っているが、解決の目処は立っていない。
  米国人らは懸念と警告の意見を出して、原油噴出をストップ出来ないと、湾岸5州が破壊と災害を受ける。噴出原油が世界の海洋に広がって海中生物が死滅し、噴出は1日5万バレル(909万リットル)に達しかねない。噴出原油はミシシッピー河口へ押し寄せつつある。湾岸5州が破壊と災害を受ける。海運が不能になり、世界的な石油など原料危機と経済危機が来る。人類も破局に至ると叫んでいる。
BPは、事故原因についてリグを所有するトランスオーシャン社に全面的に非があると主張した。BPのヘイワードCEO(最高経営責任者)は、トランスオーシャンの噴出防止装置が爆発前に機能しなかったと、CNNとのインタビューで強調した。責任転嫁だったが、謀略を匂わせている。
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201004290008.html

  創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、BPは噴出を阻止出来ないだろう。噴出原油が世界海洋に広がって海中生物の死滅過程が進行し、漁業、海運が出来なくなり、一寸したことで海面で火災が起って世界の海洋全体に広がり、人間の破局に至る。
  英BP社の原油掘削現場の爆発事故は、自然発生的な事故ではない。これは、イルミナティの指導者エリザベス2世ことレプティリアン変身体が、米国の独裁者ロックフェラーことレプティリアン変身体との各種重要問題での意見の相違が拡大したため、ロックフェラーに打撃を与える目的で意図的に起した国際環境犯罪である。それはエリザベス2世の意図を超えて、地球人の破局へ向かっている。
  ロスチャイルドとロックフェラーの各種重要問題での意見の相違とは、ロスチャイルドが1)米国の経済破局で世界経済破局を来たしかねないからと、占領続行中のアフガン、イラクからの米軍即時撤退を要求している。2)COP15などに現れた環境保護政策での米ロックフェラー=オバマ政権の消極的な政策を批判している。3)韓国哨戒艦「天安」の爆発事件が第2朝鮮戦争へ発展する方向へ米ロックフェラー=オバマ政権が挑発していることに反対している(英諜報機関MI6の諜報員が沈没天安の爆破検証に参加している)。−これらである。
  だがさらに、4)エリザ2世英国女王ことレプティリアン変身体は、B.Fulford記者(反対派レプティリアンの変身体)がブログで暴露したように、英国領土であるワシントンD.C.からの米国人の立ち退きを要求している。そこまで彼らの対立は激化している。
  そこでエリザ2世はBPに命じてロックフェラー制裁の石油掘削現場爆発を起させたが、結果は彼らの思惑を超えて地球破壊と人類破局へ発展しつつある。
  地球破壊は許されない。地球侵略・占領者にして地球破壊者の一味であるエリザベス*2世とジェイ・ロックフェラーことレプティリアン変身体らには、地球防衛のため然るべき制裁が課される。
 * Elizabethとは、El-lizard-birth(トカゲ座生まれ)から来た名前だ(David Icke"The Biggest Secret":デーヴィッド・アイク「大いなる秘密」下・三交社)。
 レプティリアンらの映像: 
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tq1SgXIKI3U&feature=related




カムチャッカ半島でも火山が噴火した
富士山の大噴火も近い

画像写真:これは富士山の噴火じゃないか?と思わせるような、カムチャッカ半島で始まったカリム火山の噴火
[新情報]
2010.5.1 
  インドで火山が噴火するより前に、カムチャッカ半島でカリム火山が噴火を始めた。噴煙は8000m以上の高さまで上がった。ロシアでは不安が高まっている。(Pravda.ru) 火山灰は西風でアラスカ、カナダ、米国へ行く。
  日本でも、富士山の大規模噴火が近い。その場合、関東一円の工業地帯と住民、日本経済が大打撃を受けると、創造主らの宇宙ブロックス管理界から知らせがあった。

  富士山では、既に1992.10.25にマグマ溜りの活動を示す低周波地震の発生が発表されていた。富士山のあちこちで薄い水蒸気が噴出していた、当時南硫黄島沖の海底火山の噴火も発見されていた。これらは富士火山帯の活動活発化を示していた。そのマグマが地球の大地殻変動の一環として、いよいよ富士噴火となって地表に噴出することになる。 
  アイスランド火山噴火と、今回のカムチャッカ半島カルィム火山の噴火のあと、インド、ラサ、米CA、豪州で火山が大噴火する(前記事)。
  同時並行して、米東部巨大地震、NY市沈没、英国大地震、地中海沿岸大地震が続発する(同)。
  これらで、龍座ドラコニアンら(5次元レプティリアン:ロンドン市公式紋章、その偽装のロシア国章)と、配下のトカゲ座レプティリアン(4次元爬虫類型ヒューマノイド)の変身体たるG20リーダーらによる地球破壊の資本制金権奴隷支配体制は、壊滅的打撃の大掃除を受ける。  
 
画像
写真:アイスランドの火山が噴火を再開している

火山噴火はア>隣のカトラ>印>ラサ近辺、CA>豪へ続き、凶作で食糧危機、
植物の枯死進行で酸素希薄化、死者も出る 富士山の大規模噴火も近い

2010.4.16; 4.22; 4.30
  太陽爆発へ向かう地球の大地殻変動の一環として、これまでチリ、メキシコ、中国青海省玉樹県で大地震が起ってきたが、今度は、アイスランド南部の氷河で2010.4.14に火山が噴火した。
  噴火したのは首都レイキャビクから東へ約125キロのエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山で、4.16までに火山灰が欧州北部の上空を覆い、アジア、北米便も含め15、16の両日で24,000便以上の航空機が欠航した。目下最も影響が大きいのは英国で、英国は灰被りになっている。
  火山灰は東に向かっていて、EU諸国とロシアが影響を受けているが、今後火山灰の影響は世界中に及んで、太陽光線が遮られる。
画像

  創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、アイスランドの火山噴火に次いで>隣のカトラ火山>インド>カリフォルニア>オーストラリアへ、続々と火山の大噴火が起る。
そうなったら、世界中で太陽光線が遮られて、異常な低温が続いて夏がなくなり、世界農業は大凶作になって、世界的な食糧危機が起る。また世界中の植物の枯死が進んで、空気中の酸素が希薄になり、人間など動物の生存が脅威にさらされて、死者が出る可能性が極めて大きい。
  日本でも、鳩山連立内閣の緊急食糧対策が必要になっている。米作を含めて農業の工業化加速が必要になる。
  同時に、米国東部大地震とNYCの沈没、米ドル壊滅、大津波の英国その他への襲来>英国大地震、ポンド壊滅、大津波のEU諸国襲来、Euro崩壊>地中海沿岸地方の大地震、Euro壊滅、大津波の襲来が迫っている。
  活路は、地球破壊などあらゆる悪事の元である野蛮で邪悪な貨幣制度と金権奴隷支配体制の廃絶、世界的規模での万事無償奉仕社会への移行以外にない。創造主らの宇宙ブロックス管理界は、地球人にそれを求めている。
[新情報] 英国気象庁は現地4.19に、アイスランドの火山灰が米東部時間4.19の13時頃(日本時間4.20の03:00頃)に米国東海岸に達すると発表した(Newsland.ru)。

[重要情報] アイスランドのグリムソン大統領は英BBCテレビで可能性に言及したが、噴火した火山の25km東にあるカトラ火山も間もなく大噴火する。差し迫るインドでの火山大噴火のあと、チベットのラサ間近でも火山の大噴火が起る。ラサの地下深いシャンバラに地球支配本部を構えている龍座ドラコニアン(5次元レプティリアン:ロンドン市公式紋章、その偽装のロシア国章)と配下のトカゲ座レプティリアン(4次元爬虫類型ヒューマノイド)らは壊滅的打撃を受けて、事実上一掃される。
画像

[露の終末予見] 「世の終りがアイスランドから始まる」
ロシアの学者らが記者会見で発表した終末的な見通し(要旨)
 http://www.newsland.ru/News/Detail/id/493942/cat/69/
 Dubna大学一般・応用地球物理学講座のウラジーミル・クリヴィーツキー助教授: 
 アイスランドの火山噴火は、地球規模の破局が発生する場所になって、噴火はさらに非常に強力になる可能性がある。隣のカトラ火山が活発化したら、同国では洪水が始まる可能性がある。地球に世界的洪水の脅威がある。                  
 モスクワ国大自然地理学博物館のニコライ・ジャールヴィン研究員:
 グリーンランドの氷河融解が臨界点に達すると、アイスランドの連結部は裂けて、北米プレートがユーラシアプレートの上へ突進し、後者が下へ動く。巨大な崩壊が起って、1000℃まで熱した人間活動圏へ水が流れ込んで押し寄せる。爆発が轟き、地球上は視界ゼロになる。火山活動が未曾有に活発化する。海は文字通り逆立ちする。海水は20-30km上って聖書的な迫力の雨を起す。すべての沿岸地方が数百km、数千km水没する。NY、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、ペテルブルグ、カリーニングラード、ムールマンスク、アルハーンゲリスクに脅威が差し迫る。 
 同博物館のミハイール・ルーキン研究員:
 アイスランドと英国の間で水面の巨大な異常が2つ見つかった。もう1つは中国とオーストラリアだ。これは地球が軌道を変えていることと関連がある。この過程のフィニッシュは2012年頃に来る。地球の歴史的転換と呼んだマヤの予言との関係を確かめるべきだ、とした。
 彼らの見通しは地殻変動プロセスの極く一部だ。全貌は上記。 


韓国哨戒艦「天安」の爆発・沈没事件は
米海軍による第2朝鮮戦争挑発の自作自演だった

2010.4.16
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、オバマは胡錦濤の呼び出しに応じて3.29に極秘で中国へ行って30日に帰った。目的は米ブッシュ政権が08年に借りた1兆ドルの借金の返済計画提出の中国側要求に関する交渉だった。2010.1月と3月に返済期限が来ていた。しかし返済が滞っている。今回もオバマは具体的な返済計画を提出することが出来ないで、景気回復と輸出拡大で歳入を増やして金を購入し、金のインゴットで支払うという約束をしただけで、中国側から厳重な抗議と罵りを受けて、逃げ帰った。米国は事実上、非公然のデフォルト状態に陥っている。
  米オバマ政権はこの失敗のあとすぐ、今度はガイトナー財務長官と1兆ドル借款した時のポールソン前財務長官を3.31に訪中させて、胡錦濤宛のオバマのメッセージを伝え、両人がひざまずいて再度新借款を懇願した。
  しかし、08年の1兆ドル借款の返済が全然ない上に、09年に一部金の延べ棒で返済したが、それが金メッキしたタングステンの偽物で、詐欺だった事実を厳しく非難されて、新借款はきっぱり拒否されたので、4.1に茫然自失状態で帰国した。

  そうした米国の金融危機の過程で、「天安」爆発・沈没事件が対中新借款交渉の直前に現地3.26の夜中に起った。
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、韓国哨戒艦「天安」の爆発・沈没事件は、米国海軍が自作自演で極秘に、発見困難な特殊な海中ミサイルを使って強行した事件だった。911の自作自演を強行した世界最大のテロリスト国家だから、「天安」爆破・撃沈事件位いは容易な作戦であろう。
  それは、韓国と北朝鮮の戦争を起して、米国が参戦し、戦争景気でドル崩壊回避と景気回復加速を図るためだった。第2の朝鮮戦争になれば、中朝友好協力相互援助条約で中国が参戦して、第3次大戦になる。米軍は沖縄など在日基地から出撃し、北朝鮮軍と中国軍は沖縄米軍基地などに反撃するだろう。中国軍が上陸作戦を敢行して、沖縄はまた戦場になる可能性が大だ。
  それは、09.11.4と2010.3.22の2度も米・イスラエル連合空軍が、イラン核開発施設空爆の出撃直前に、創造主らの宇宙ブロックス管理界によって一掃された(前記事参照)ので、第3次大戦挑発の新たな試みだった。
  従って、沈没した「天安」の引上げに協力を申し出た米オバマ政権の行動は、まさに放火犯人による消火活動という「マッチポンプ」を地で行く偽善的で破廉恥は国家テロだった、ということになる。 
  海流が速く低温で調査ダイバーが1人死亡したあと韓国側は、「天安」が沈没した深さ40mの海底から20mの海底へ沈没艦体後部を移動させて、4.15に至ってやっと引き上げた。44人中の36遺体が収容された。韓国TVは実況中継した。日本の軍事評論家は、機雷や魚雷による爆破だと指摘した。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175586.html

  今後の艦体の調査と、沈没場所での破片調査で、品質、加工状態と材料特性等から、米国製海中ミサイルの破片が検証される可能性がある。しかし海流が時速数10kmと速いから、破片回収と謀略暴露の困難がある。世界最大の国家テロリストは冷笑しているだろう。
  韓国マスコミの論調は北朝鮮の仕業説に傾いているが、韓国政府は慎重に対処している。第2朝鮮戦争挑発の謀略に乗せられてはならない。米ロックフェラー=オバマ政権による地球破壊の第3次世界大戦の放火は決して許されない。


大地震発生は米東部・NY沈没>英国>地中海沿岸と、逆順になった
米国のデフォルト、世界金融・経済恐慌第2波も発生する
2010.4.14
創造主らの宇宙ブロックス管理界による地球大掃除のための、太陽爆発に至る自然必然的なプロセスとして、チリ大地震とメキシコ大地震に次いで、既にここに書いたように、地中海大地震>英国大地震>米国東部大地震とNY沈没が見込まれていた。
  しかし歴史的な経緯からも、また現在のアフガニスタン侵略・占領、イラク侵略・占領、イラン核開発施設爆撃計画の実施スタンバイその他からも、世界最大のテロリスト国家米国を最優先にする必要から、前記の大地震発生の順序を逆にする措置が、創造主らの宇宙ブロックス管理界によってとられた。
  従って、米国東部大地震とNY沈没、米ドル壊滅>英国大地震とポンド崩壊、ユーロ崩壊>地中海大地震とユーロ壊滅が近く発生する。連鎖反応で円も元も崩壊する。
 
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、米ロックフェラー=オバマ政権のティモシー・ガイトナー財務長官と、08年に中国から1兆ドル借款した前任のヘンリー・ポールソン米ブッシュ政権元財務長官(在任06.7.10〜09.1.20)は、新たな借金を頼み込むため2010.3.31〜4.1に北京へ行ってきた。
  中国側で交渉に当ったのは、目付け役の李克強(財務担当国務院副総理・中共中央委政治局常務委員)と周小川(中国人民銀行総裁)だった。T.ガイトナーとH.ポールソンはオバマの胡錦濤宛のメッセージを伝えた。ポールソンは米国の金融危機について中国側に経過報告した。そして彼ら2人は異例なことに、実際にひざまずいて新たな借款を懇願した。
  しかし、中国が08年に与えた1兆ドルの対米借款は09年に一部金の延べ棒で返済されたが、それらは金メッキしたタングステンの延べ棒だったことが発覚して、詐欺だった経緯を中国側は厳しく非難した。その上、まだ全然返済されていないから、これを全部返済した後でないと新たな借款を与えることは出来ないと、中国側は新借款の要請を拒否した。ひざまずいての懇願の甲斐もなくきっぱり拒否されて、彼らは絶望の茫然自失気分で帰国した。
  これで、米国のデフォルトが切迫し、不可避で、近く発生する。金の裏打ちのない紙切れドル紙幣を際限もなく印刷してきたFRBは倒産する。世界金融・経済恐慌第2波が発生する。
  胡錦濤は、ブッシュとの共犯で1000億ドル強奪して1000万ドルの礼金を受け取った犯罪(前記事参照)と、ブッシュ政権への1兆ドル借款供与、偽の金の延べ棒による一部返済の米オバマ政権による詐欺事件の責任を追及されて、中共中央委政治局常務委員会で査問中である。江沢民と李鵬を先頭に党内闘争が非公然で拡大しており、胡錦濤と温家宝の解任・失脚、周小川の解任が近い。
  その前に、前記の地球の地殻変動シリーズが発生するだろう。
米国の金融・経済破綻を回避し、国連を世界政府にして、新世界通貨を印刷・発行するとか、アメロを発行するとかいうロックフェラーの夢のバブルも、人民元を基軸通貨にする中国の目論見とかも、マーヤー(幻影)として消え去る。


米露核兵器削減の新条約は核兵器削減を見込まず、核軍縮ではなかった
2010.4.12
  米オバマ政権は新核戦略で先制核攻撃の権利を留保した。MDは先制核攻撃のあとで反撃の敵核ミサイルを撃墜する手段である。
  ロシアは声明で、ロシア核戦力の潜在力を脅かすレベルに米国MDが達した場合には、条約から脱退すると確認している。
  米露核兵器削減の新条約に関するNewsland.ruの2010.4.10の報道によれば、双方は核弾頭1550発ずつ、予備100基を含むミサイル800基ずつまで核兵器を削減すると決めた。
  双方は、年間5回未満のミサイル打上げの遠隔測定データを交換するが、そのことでロシアは、打上げ実験がまだ行われている自国最新ミサイルRS-24と「Burava」のデータを開示しないことが出来る。今回の条約は、START-1にはあったが、最新ICBM「トーポリ」と「トーポリ−M」(米国側は撃墜できない)のような移動式ICBMの戦闘パトロール地域の制限を定めていない。これはロシア軍の戦略核の安定性を高めるし、またSTART−1にはあって、ロシアで米国査察官らがBotkinskの工場を監視したような、工業企業での査察も定めていない。それでも、条約締約国の領土での査察自体は行うとしている。だからこれは空文句に過ぎない。
  ロシアにとって好都合な事実は、START−1に記載された弾道ミサイルの諸タイプが、新条約でも核弾頭運搬手段とみなされていることだ。この意味は、核弾頭を運搬手段から取り外して、所定の上限規制を受ける数から除外してはならないことだ。それにより、双方が事実上運搬手段の数の如何なる削減も行う必要はない。つまり最新の移動式核ICBMトーポリ-Mや移動式中距離弾道ミサイル「イスカンデル」は規制を受けないのだ。
ロシアの運搬手段の実数は既に700基以下で、それらの数も弾頭数も、耐用年数の過ぎる一連のミサイルが近年に戦闘配備から除かれるあとでは、著しく減少する。従って、ロシアが米国との対等を条約の上限レベルに維持する計画なら、ロシアは逆に、近年に弾道ミサイルの生産を数倍増大しなければならないことになる。
  米国は逆に、自国運搬手段数を大体現存レベルに維持すれば十分で、このことは計画されていたことでもあるという。しかも、双方の条約作成者らは世論を誤導して、爆撃機1機を1弾頭とみなしたが、米露の爆撃機は6個とかそれ以上の巡航ミサイルを運搬できることは周知のことで、それらは各々核弾頭を装備しているのである。Newsland.ruは専門家の指摘でそう書いている。検索すれば明らかだ。
http://newsland.ru/News/Detail/id/486253/

―こうして米露新核兵器削減条約は、老朽化核兵器の削減協定にすぎず、核軍縮ではなかったことが明確で、ロシアには核軍拡を可能にする条約だったことが明らかである。
  新条約を核軍縮ではなくした、こうした本質的な手落ちとデタラメを来たして、核軍縮の意味を失わせた原因は、既に米露の核兵器が一掃されて存在していない上に、補充生産と再配備も阻止されている現実から、米露首脳らが茫然自失状態で、専ら世界世論を欺くためのパフォーマンス=芝居として新条約を作成し調印したことにある。
  鳩山、平野、北沢らは、沖縄の普天間米軍飛行場の移転問題で、沖縄県民こぞっての県外・国外移転要求に反して、県内移転を策しているが、その口実として米軍による核の傘の「抑止力」を盾にとっている。彼らはそうした口実で沖縄と日本を裏切っている。しかしそれは、全く根拠のない、架空の空文句と化していることが、上記から明白である。そこにフリーメーソン鳩山の売国性が露呈している。
  さらに、米国議会上院では民主党の議員不足から、共和党の同意がないと新条約は批准できないので、新条約は日の目を見ないことになり、ロックフェラー=オバマ政権とプーチン=メドヴェージェフ政権による人類欺瞞は、新条約の形では実現しないで、世界の世論騙しが続く可能性が大である。
  広島、長崎の被団協、両市長と各党、平和運動団体は真実を知って目覚め、創造主らと銀河連邦新指導部に感謝して、先ず米露に真相公開を要求せよ。銀河連邦新指導部とのファースト・オープン・コンタクトに賛同して、実現を要求せよ。


米ロックフェラー=オバマ政権の新核戦略の欺瞞的芝居と偽善
2010.4.7
  2010.4.8の新米露戦略攻撃兵器=核兵器削減条約の調印前に、米ロックフェラー=オバマ政権は4月6日に発表した「米国新核戦略」で、核兵器の役割を引き下げて通常兵器の大量破壊兵器(生物・化学兵器その他)の役割を向上させた。また非核国に核兵器を使用しないと決めた。
  それは、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令でプレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊により08.7.24以来繰返し米核兵 器が消滅措置で一掃されて(前記事)、米国が核超大国でなくなったからである。また核兵器の補充生産と再配備が阻止されているからである。それは、世界最大のテロリスト国家USA支配層の善意や良心の結果ではない。北朝鮮とイランは核兵器不使用の例外だと決めたのは、侵略戦争と地球破壊方針の再確認になった。 
  米オバマ政権が補充生産したICBMミニットマン‐3は試射直前の09.7.21に創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊分遣隊によって一掃された(前記事)。          
  The Los Angeles Timesの指摘によれば、米新核戦略は先制核攻撃を加える権利の放棄を予定していない。それは、米オバマ政権が核兵器の補充生産・再配備を諦めていないからだ。抑止兵器としての核兵器の役割は、本文中で定めていないが、それは、言うまでもないからだ。それは、2010.4.8にプラハで調印予定の新米露核兵器削減条約で、核弾頭1550発、ミサイル800基ずつの確保で合意したからだ。その内容は老朽化核兵器の廃棄と現代化で、米オバマ政権は巨額の予算を予定している。実際には、それらは全部もうなくなっているから、現代化、補充生産と再配備用だ。              
  日本のNHKその他のマスゴミはジャーナリズムではなくて、CIAの代弁宣伝機関として米オバマ政権の新核戦略を賛美した。彼らは売国的ゾンビ低脳ぶりをさらけ出している。しかし広島・長崎の市長や被団協も、これに近い盲信の態度表明をしていることは遺憾千万である。


[新情報]米・露、北朝鮮の全核兵器と同様に
日本軍が開発、配備している中距離弾道核ミサイルは、3発の核弾頭と共に一掃された

2010.3.31
 最近非核3原則が揺らぎ、侵害され、否定されている。
「オルタナティブ通信」のブログ2010.3.29の記事「日本は既に、核武装を完了させている」によれば、自衛隊は既に核武装しており、核ミサイルを北朝鮮に何時でも発射できる、という。
http://alternativereport1.seesaa.net/ (2010.3.29)
       
  これは重大な問題だから、創造主らの宇宙ブロックス管理界に問い合わせたところ、それは本当だった。
  その知らせによれば、自衛隊は中距離弾道核ミサイルを開発、三菱重工が製造して、装備している。弾頭は目下3発で、新潟と柏崎の間の地下基地に配備されている。
  三菱重工がペンタゴンのスペシャル・チームから闇で核弾頭製造のテクノロジーとノウハウを買って、製造した。それを自衛隊が購入して配備した。
  米国の目的は、日本を北朝鮮、中国と戦争させて、没落一途の米国の世界的立場を強化するロール・バック戦略の実現にある

  田母神前空爆長が日本核武装を主張して、全国を演説旅行して回った上に、広島で演説したのは、この既成事実を合法化して表に出し、憲法改悪の気運を盛り上げることが目的だったようだ。
  政権交替で田母神らと売国自民党の目的は打撃を受けた。
  しかし鳩山のチャッチフレーズ「生命を守る」も、偽善的なハッタリの嘘だった。文民統制も非核3原則も見せ掛けで、実際はなかった。 米国の世界戦略に利用されている日本の売国政治は腐っている。

  創造主らの宇宙ブロックス管理界は、最近改めて行われた米露の全核兵器の一掃に次いで、日本の自衛隊が新潟と柏崎の間の地下基地に配備しているその中距離弾道核ミサイルを、3発の核弾頭と共に、消滅させる措置を2010.3.31未明にとった。それらは一掃された。
英、仏、NATO,中国、イスラエル、北朝鮮の核兵器も既に一掃されている。パキスタンの核兵器も一掃された。北朝鮮の全核兵器も、中距離核弾道ミサイルIRBMノドン、開発中のICBMテポドン2号も含めて、既に一掃されている。

  最近の核持込の密約の発覚と、「日本列島を米国の不沈空母にする」と在任中に言明した売国中曽根元首相の、同密約事実の確認と是認で、憲法で定められた国の主権者たるべき日本国民は、完全に騙されてきたことが明確になった。また日本が世界最初の大量破壊兵器・核爆弾による広島・長崎の核被災国であるにも拘らず、自公内閣による非核3原則を蹂躙した自衛隊の核武装が既成事実化していたという、この新たな重大問題で国民は完全に疎外され、騙され続けてきたことが判明した。
  防衛省高官らが天下り先の会社と新たな談合犯罪事件で腐敗していたことが、最近また発覚した事件と共に、(宇宙情報を信じない人々は多いが)「オルタナティブ通信」で暴露されたこの傍若無人で違憲の危険な核戦争準備の不法行為は、国会で追及されるだろう。そうでなければ、日本軍国主義勢力の残党の犯罪のせいで、亡国一途になる。
  新潟と柏崎の間の地下基地といえば、自衛隊核ミサイルはロシア極東、サハリンも射程内に収めているだろうが、ロシア人は「戦争になれば水爆ミサイル3発で日本列島は蒸発するぞ」と言っている。ロシア人は「俺は東京湾奥深く潜水艦で潜入して、潜望鏡で偵察したんだよ。東京を」と言ったことがある。
  日本の活路は、平和外交による極東集団安保体制の実現にある。   


米・露の全核兵器は創造主らの宇宙ブロックス管理界により改めて消滅措置で一掃された
−オバマ、ゲイツ、ヒラリーの深刻な衝撃を写真が物語っている

2010.3.29
  オバマとメドヴェージェフは、双方がミサイル800基ずつ(機動展開ミサイル700基と100基の予備)、核弾頭1550発ずつを残すことを定めた、新戦略攻撃兵器削減条約について米東部時間2010.3.26午前に電話協議で合意した。しかし削減の殆どは老朽化したミサイルと核弾頭から成り、核兵器改良と現代化を見込んだものになった。従ってこれは、事実上核軍縮とは言えないものだった。

  これは、本質的に核兵器大幅削減とは言えない世界世論の騙しだった。広島・長崎の両市長、被団協の歓迎声明は自己欺瞞になった。

  しかし創造主らの宇宙ブロックス管理界は、それより1日前に合意が煮詰まって米側が「合意は極めて近い」と発表した米東部時間25日昼前頃に、念のため改めて米露の全核兵器の消滅措置をとって、一掃した。

画像


  オバマは合意後の米東部時間26日に、ゲイツ、ヒラリーらと米露核兵器削減条約締結合意について記者会見した。

  ところが、ホワイトハウスのプレス・ルームへ入る時の彼らの深刻な表情は、核兵器が既になくなってしまったショックと不安を表しているかのようだった。核兵器全廃を提唱しているオバマらは、新条約締結合意で喜ぶ表情になるはずだが、逆に深刻で不安な表情を抑えることが出来なかった。

  新条約による現地での検証は、今回あいまいな表現で回避した。それは双方の核兵器が既にないからだ。

 創造主らの宇宙ブロックス管理界は米露両国の全核兵器の解消結果について、改めて総点検精査を実施した結果、米露両国の核兵器は全部解消されて、消滅していることが確認された。

  オバマ、ゲイツ、ヒラリーの内心の衝撃は甚大で、隠しても顔に表れた。
  一句:隠しても顔に出てきた大ショック
  短歌: 隠しても顔にショックのオバマらは
       全核兵器消滅された
      核兵器消滅されたオバマらの
       隠したショック顔に出にけり

  上掲の写真はそれを実証している。彼らレプティリアン変身体らは、地球を破壊しても平気な侵略者だから、ショックが大きい。
メドヴェージェフとプーチンの衝撃も甚大であると、知らせがあった。


イラン核開発施設空爆・第3次大戦放火の出撃準備態勢成った米・イ連合空軍部隊は
また出撃前に一掃された

2010.3.24
  先日米ロックフェラー・オバマ政権副大統領バイデンが、イランの核開発施設爆撃計画に関するオバマのメッセージを、エルサレムでイスラエル大統領ペレスに伝えて合意し、さらにネタニヤフ首相に会って、両国連合空軍司令部による作戦実施の協議について合意した。
  両国連合空軍によるイラン核開発施設への空爆と第3次大戦の強行計画は、出撃準備態勢にあった09.11.4に創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令でプレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊分遣艦隊により一瞬で消滅された。今回で2度目だ。
  今回も、米・イ連合空軍部隊は出撃準備を完了して、2010.3.22に出撃する直前まで来たが、創造主らの宇宙ブロックス管理界は同連合空軍部隊を消滅措置で一掃した。
  米国側の作戦の主要目的は、戦争景気に火をつけてドル崩壊を回避し、景気を回復することにあった。
  だがこれで、地球破壊の第3次大戦は避けられた。
  このあと、既報のように、地中海沿岸地方での大地震、次いで英国大地震、さらに米国東部大地震、NYC沈没、ドル崩壊、米国分裂、USA消滅が近づいている。

参考情報:http://tanakanews.com/100324jerusalem.htm


[至急報]
地中海沿岸地方の大地震、英国大地震、米国東部大地震が続発しNYは沈没する

2010.3.14
宇宙情報によれば、
太陽爆発へ向かう地球の地殻大変動過程の自然必然的な結果として、チリ大地震に次いで、今度は間もなく地中海沿岸地方で大地震が発生して、伊、仏、リビアが大打撃を受ける。
EUのユーロ金権支配システムは崩壊する。

そのあと英国大地震だ。フリーメーソン支配者ロスチャイルドの本拠でポンドが崩壊する。
大津波でNYは大打撃を受けて、ドルが崩壊する。
同時に大津波で周辺諸国のベネルクス3国、フランス、ドイツ、スペイン、デンマーク、ノルウェーなども大打撃を受ける。ユーロは壊滅だ。

次に米国東部の大地震が発生する。NYは沈没する。これでドルは壊滅する。連鎖反応で元も円も崩壊だ。しかし不幸中の幸いで、日本、中国、韓半島はまだしばらくは存続する。沖縄始め日本中から米軍は撤退する。米軍は世界中から撤退する。
これで、龍座ドラコニアン(5次元レプティリアン:ロンドン市公式紋章、改変した現ロシア国章)と配下トカゲ座レプティリアン(4次元爬虫類型ヒューマノイド)と、G20のリーダーらレプティリアン変身体らによる地球の金権奴隷支配体制は大打撃を受ける。
しかし地球人がこの邪悪な体制の抜本的変革に立ち上がらないと、
太陽爆発で地球は消滅する。
2010.3.14のM6.7福島県沖地震が警告した。


[新情報] 米オバマ政権がイスラエルとの連合空軍でイラン核施設の新攻撃計画
2010.3.10
  共同通信によれば、 バイデン米副大統領は2010.3.9に、イスラエルのペレス大統領と会談し、イラン核問題やパレスチナ和平問題などについて意見交換したという。バイデンはイスラエルのネタニヤフ首相とも会談するという。
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030901000645.html

  ところがそれは、世論騙しのニセ情報だった。実際には、創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、バイデンはイラン攻撃計画についてオバマのメッセージをペレスに伝えて、ペレスは賛同した。オバマの狙いは、ドル崩壊回避、新戦争による米国景気回復にある。ネタニヤフとの会談ではバイデンは、イラン攻撃計画の具体的骨子を伝えて、同意を得る予定だ。

  しかし09.11.4早朝にも、米イ連合空軍が同様なイラン核施設の攻撃計画で出撃スタンバイ状態にあったが、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で、プレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙分遣艦隊によりその米イ連合空軍は瞬間消滅処分で一掃された。
  今回も米イ連合軍のイラン核施設攻撃、地球破壊の第3次大戦を阻止するため、戦闘準備態勢についた米イ連合空軍は一掃する、と決定された。
  世界最大のテロリスト国家米国は、08.7.24に全核兵器と地球破壊兵器HAARPを一掃されて、核超大国ではなくなっており、引続くアフガニスタンとイラクの占領、世界金融・経済恐慌第1波のあと、再配備してハイチ大地震を起して23万人を殺したHAARPを一掃された上に、今度はドル崩壊と経済崩壊が近づいている。

参考資料: http://tanakanews.com/100310iran.htm 


CIAが大爆発を計画中の六ヶ所村核燃料再処理工場と日本の運命
2010.3.7
 Greenpeace.japan によれば、英国セラフィールドのソープ(THORP)核燃料再処理工場で再処理された高レベル廃棄物が、500kgのキャニスターという容器28個に入れて船で3月第2週に青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場に着く。直嶋経済産業相は3月6日に青森県庁で知事に埋設を要請、知事は検討を約束した。
  放射能は合計広島原爆の840倍で、ガラスで固めて地下に埋設予定だが地震での割れや容器腐食で危険だ。
  この英国のソープ再処理工場に代わり、六ヶ所村再処理工場が本格操業を開始すると、大量の放射能が海や空へ放出される。一日で放出する放射能の量は、一般的な原発1基の一年分で、日本列島と周辺のロシア、中国、南北朝鮮、カナダ、米国などの空気と水を汚染し、人間と動植物の生存にとって危険極まる。
 六ヶ所村核燃料再処理工場の直下約1kmには、長さ15km以上の活断層が存在する可能性が高いことを、東洋大社会学部の渡辺満久教授(変動地形学)らが現地調査などで突き止めた。米国の地球破壊兵器HAARPはハイチ大地震を起した後、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令でプレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙分遣艦隊によって一掃されたが、今度は、宇宙船やステルス機からの電磁振動波で上記活断層を揺すれば、核燃料再処理工場は大爆発を起す。
  そのうえ宇宙管理界の情報によれば、世界最大の国家テロリスト組織CIAは、ロックフェラーの命令による改良新種豚インフル・ウィルスの世界的ばら撒きによるパンデミックが、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令でプレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊による消滅措置で失敗したので、今度は、同じく地球の人口削減目的で2010.6に六ヶ所村核燃料再処理工場の大爆発事故を発生させる計画を立てている。これが発生すれば、日本中だけではなくて、北半球全体に放射能の波が押し寄せて1億人以上の犠牲が出ると、創造主らの宇宙ブロックス管理界は警告した。 

  他方では、自公内閣と同じく、鳩山民主党連立内閣は原発を温室効果ガス削減対策として推進しており、日本で開発された水エネシステム(WES)、常温核融合発電などのクリーン・エネルギー技術の実用化が原発建設、原発経営、電力、自動車生産など大資本による事実上のカルテルの妨害で実現できないでいる。
  日本ではすでに54基の原子炉が稼動しているのに、今の14基の原発新設計画がすべて実現しても、2030年以降の20年間にさらに20基の新設が必要だと、資源エネルギー庁が最近試算をまとめた。近年大地震が頻発しており、その上世界最大のテロリスト国家米国のロックフェラー・オバマ政権が地球破壊兵器HAARPで起したハイチ大地震のように、大地震が続いている。この情勢下で地球の新たなCataclysm=地殻大変動が近づいている。だからこうした原発の大増設計画は事実上、日本列島破壊、地球破壊、日本人のジェノサイド=大量殺害計画である。
  これで、同じ路線の第2自民党の民主党と第3自民党の国民新党、第4自民党のみんなの党、第5自民党の新党日本、第6自民党の新党大地、第7自民党計画の舛添新党は、いずれも亡国の党だということが明白である。
  CIAによる2010.6の六ヶ所村核燃料再処理工場の大爆発計画は許されない。
  原発の大増設計画がもたらす地球と人類に対する破壊は許されない。米国核兵器とHAARPの一掃、CIA本部の一掃に次いで、大事故の前に六ヶ所村再処理工場は、消滅処分で一掃される。それは更地になる。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 58
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
米国東部大地震、NY沈没>英国大地震>地中海沿岸地方の大地震が続発する 創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる