創造主ら地球大掃除

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010.1の今通常国会で国民生活防衛の総合対策を決めないと 鳩山内閣の役割は終りだ

<<   作成日時 : 2010/01/04 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

ハイチ大地震を起した米国新地震兵器は一掃された 
世界最大の国家テロリスト組織・米謀略機関CIAの本部も一掃された

2010.1.21
  世界最大の国家テロリスト米オバマ政権は、ハイチで改良新種の核利用地震兵器を使って、M7の大地震を起した。これまでに約7万人が殺された。さらに犠牲者は10〜20万人に達する見込みだと報道されている。
  前回中国四川省の大地震を起した米アラスカ配備地球破壊兵器HAARPは、創造主らの命令で銀河連邦新指導部が、全米国核兵器と共に08年7.24に、瞬間消滅措置で一掃した。再配備が阻止されている。だから米ブッシュ政権と後継オバマ政権は、新たに排出放射能の少ない核利用の新型地震兵器を開発・配備して、今回ハイチに使用した。
  この米新型地震兵器が無事存続した場合は、米オバマ政権が、これを武器に脅しをかけて、巨額ドル資金の貢納を鳩山政権に要求してくる可能性が大であった。しかし売国小泉の構造改革で日本の貧困化率がOECD諸国中トップクラスになっている国民窮乏化の現状から、それは出来ない。
  以前には米ブッシュ政権代表者が小泉政権の財務相竹中平蔵に「ドル資金を提供しないと、日本を沈没させるぞ」と脅した事実が、Benjamai Fulford記者(米国経済誌Fobes元アジア太平洋支局長)の英文ブログで明るみに出ているから、米国がドル崩壊・経済破綻、数百万人の飢餓切迫(前記事)が目前に迫った状態ではなおさら、新たな国難切迫の切実感があった。
  今回ハイチで大規模な破壊・殺人犯罪を起した米国の新地震兵器は、2010.1.21に一掃された。
  同時に、他国の内政干渉禁止に関する国際関係の根本原則の1つを侵害して、米国への巨額ドル貢納を再現させるため、ドル箱−自民党政権の復活をもたらす鳩山政権倒壊を目指してクーデター作戦を推進している、世界最大の国家テロリスト組織、米国謀略機関CIAの本部も、改めて一掃された。


[新情報]
ハイチ大地震の目的、オバマ失脚とクーデター、逆クーデター、米国分裂

2010.1.23
 Benjamin Fulford記者のブログ記事によれば、米ブッシュSr.一派が新原爆地震兵器でハイチの大地震を起した目的は、彼らが麻薬卸取引などの犯罪で集めたドル資金のマネーロンダリングを行うための、ハイチ中央銀行乗っ取りだったという。また、2010.1.26の裁判でケニア生まれのオバマの大統領資格が憲法違反で失格とされて失脚、ブッシュ一派は序列3位のペロシーを飛び越してヒラリーを臨時大統領にする。別の軍部一派は臨時政府を樹立して、憲法民主主義体制を復活するという。

 これに関する創造主らの宇宙ブロックス管理界の教えによれば、その情報は基本的に本当で、ブッシュ一派がオバマ失脚にともなうそうしたクーデターでヒラリーを臨時大統領にすれば、米ブッシュ政権時代からあるペンタゴンの将軍らの逆クーデター派は、臨時新政権を樹立する。その結果1月末には二重権力状態になって、米国は6ヵ国に分裂するに至る。ロシアのPanarin(外務省付属外交学院国際関係学部教授)の2010夏の米国分裂予言より米国分裂は早くなる。

 また、新地震兵器を使ったハイチ大地震の目的は主として、ハイチ中央銀行を乗っ取って、息子ブッシュが胡錦濤の協力で英エリザベス2世女王、サウジ、天皇らの銀行口座から奪った1000億ドルのマネーロンダリングを行うことにある。
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/61.html
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/69.html 

[参考情報]
チャベス大統領:ハイチ大地震は米軍事行動の結果だ
2010.1.24
  Newsland.ruの報道によれば、ハイチでの破壊的な地震―これは米国の新秘密兵器のテスト結果だ。スペインの各種マスコミが書いているように、そうした言明をベネズエラのチャベス大統領が行った。同国のVive TVのサイトが発表した資料によれば、14万人の死亡をもたらしたハイチの地震は、米海軍が行った実験の結果だ。その最終目的はイスラム統治体制を打倒するための将来のイラン攻撃であるという。それは一連の地震によって行われると。中南米とスペインのマスコミ、とくにABC.esは、この報道がベネズエラ大統領のTV演説からの引用だと主張している。

(注:米国とイスラエルの全核兵器が、地球破壊兵器HAARPと共に、ここで既報のように、08.7.24に一掃された上に補充生産と再配備が阻止さえているから、彼らは新地震兵器の開発・完成に力を入れている。だがこれもハイチ地震のあと一掃された)
画像

写真:チャベスは世界最大のテロリスト米オバマ政権のハイチ大地震犯罪を摘発した 国連総会で追及必至だ

  「カリブ海域での米艦隊の活動をコントロールしている」ロシア北洋艦隊が作成した報告からデータを得たものであると、サイトでは強調している。08年にこの艦隊を再建した直後にロシアは、核巡洋艦「ピョートル大帝」を先頭に北洋艦隊によるカリブ海域のパトロールを始めた、とVive TVの記事は書いている。
この北洋艦隊の報告によれば、米国は1970年代から地震兵器の開発を真剣に展開してきた。彼らは今日電磁・音波変動に基づくテクノロジーを利用している。この爆弾の最新の(ハイチの)実験は、先週米海軍が太平洋で行ってカリフォルニアでM6.5の地震を起したという別の地震と比較されている。2010.1.10にカリフォルニアのEvrik市近くが震央になった地震が起った。この地震は多数起ったが、余り激しい破壊ではなくて犠牲なしで済んだ。 
米軍部は、必要な場合に援助を行う監視のため南方軍司令部の司令官キーン将軍をハイチへ地震直前に派遣したから、ありうる破局的な損害について知っていたと、報道は言っている。                                     
  本年1月8日にベネズエラで、1月11日にホンジュラスで、1月12日にハイチで観測された地震の揺れは、報告の筆者の意見では、同一のソースを持っている。その外、08.5.12に起ったM7.8 の中国四川省での破壊的地震も、この兵器の使用結果の1つとみられる、とベネズエラTVのデータでは言われている。しかし、このブログで既に書いたように、今回の大地震はHAARPの一掃後に新開発された改良新原爆によるものだった。
http://newsland.ru/News/Detail/id/453381/


2010.1の今通常国会で国民生活防衛の総合対策を決めないと
鳩山内閣の役割は終りだ

2010.1.15;1.16;1.19;1.21
  フリーメーソン鳩山政権: 子供手当てなどの金権奴隷支配体制の極く僅かな改良主義的施策を 2010.1通常国会で可決しても、国民生活防衛の総合対策を決めないと歴史的役割りは終る。
  民主党は第2自民党だから、プラス面とマイナス面の矛盾を持っている。最大の罪過は、マニフェストで公約した1000万人外国(中国)移民受入れと、その突破 口−永住外国人への地方参政権法案である。
  それはフリーメーソン鳩山の「友愛」による「東アジア共同体」構想と、1億人以上の中国人失業者の移民受入れ>永住化>地方大都市参政権>日本乗っ取りの売国・亡国政策である。5000万人日本人労働者の生活破壊、生存の脅威必至だ。日比谷派遣切り村どころではないぞ。
  普天間米軍基地移転問題でも、鳩山の動揺と対米追従で、第2自民党の正体を露呈している。
小沢逮捕の狙いは対米巨額貢納のドル箱=自民党政権復活のクーデターだ
  他方、金まみれの金権政治も第2自民の正体丸出しだ。小沢幹事長の石川元秘書が水谷建設や鹿島建設からの闇献金容疑がらみで、政治資金収支報告書への4億円収入不記載の容疑で逮捕された。後任の池田秘書も逮捕された。小沢の大久保公設第1秘書も逮捕された。小沢逮捕の予想も出た。これは小沢大疑獄事件の様相を呈した。これは、CIA逆襲による田中角栄首相のロッキード事件での逮捕に次いで、今度はCIAと自民党による逆襲になった。これは、ドル崩壊・米経済破綻が迫った情勢下で、戦後5兆ドル〜35兆ドルを日本から収奪したロックフェラー支配の米国が、ドル箱=自民党政権の復活を目指すCIAの日本クーデター作戦である。
  最近はCIAの中央アジア諸国、イランに対するクーデター作戦は、いずれも失敗に終っている。CIAが主導したウクライナのクーデター「オレンジ革命」のユーシェンコ大統領は、先日の大統領選挙で得票率5%で落選した。ウクライナ政治も変る。今回の対日クーデター作戦も失敗する。

  鳩山は記者会見で「幹事長を辞任しないで闘って下さい」と言った。小沢は2010.1.16の民主党大会で、党大会前を狙った検察の権力乱用と断固闘うと宣言した。新党大地代表で衆議院外務委員長の鈴木宗男などが来賓挨拶で激励した。「検察を業務仕分けせよ」の発言に大会は拍手で沸いた。大会には動揺がなく、結束して闘う雰囲気になった。宇宙情報によれば、その結果米国留学帰りのCIA手先が多い東京地検では、小沢逮捕に異論が出て、逮捕を強行することが困難になった。
  そこでCIAは在日手先を使って、小沢にピストルの弾を郵送した。これは暗殺の予告になった。しかし暗殺は実現しない。CIAの本部が一掃された状態で、天下の大勢は変っている。
  米国では、大統領が変ったら権力機関の主要部分は顔ぶれを変えている。それが当然だ。しかしバカボン鳩山は2010.1.19の国会質疑で「指揮権発動はしません。小沢氏は任意聴取に応ずる必要があります」と、フリーメーソンらしくCIAへの協力発言をした。
  小沢は「事情聴取」=任意「取調べ」に出頭の意向だが、東京地検はその過程で、小沢の拘留>逮捕承認国会要請>逮捕の計画だ。国会多数の民主党に国民の不信を煽って内閣倒壊へ発展させる前代未聞の策謀だ。これはCIAの作戦だ。「事情聴取」は罠だ(宇宙情報)。
 千葉法相(元社会党右派)が、CIAと自民党に忠実で売国検察の事業仕分けをしないなら、法相も事業仕分けして、更迭せよ。
参考資料: http://www.janjannews.jp/archives/2308780.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100116/stt1001161856026-n1.htm

  政権交替が実現して日本人は歓迎したが、対米売国の自民党政権の次は、対中亡国の第2自民党の金権鳩山内閣だった。しかしお人好しの日本人でも、その亡国路線は拒否しなければ自殺行為になる。
だから今通常国会で鳩山内閣の役割は終りだ。しかし自民党の政権復帰は許されない。自公前政権の河村官房長官が総選挙敗北直後の09.9に2億5000万円の官房機密費を引き出した背任・詐欺容疑で東京地検に告発された。東京地検は無視するのか?最近舛添(前自公政権厚労相)が「自民党の歴史的役割は終った」と言ったのは本当だ。舛添は自民党から仲間等と出て新党を結成すると言明した。実際にやるのか?やったらこれで、自endだ。

支持率1.9%で浮動票集めのため、世界最大のテロリスト国家米国のオバマ政権との交流を、2010.1の第25回党大会で呼びかけて尻尾を振って、日和見主義を鮮明にすると共に、民主党と大同小異の金権奴隷支配体制の枠内での僅かな改良主義政策しか提起していない共産党も、社民党と同様に見込みなく失格だ。
亀井静香が先般ブログで「明治維新以上の抜本的社会改革」を叫んだが、国新支持0.5%の小政党では、民主党政権のあと現実に受け皿がない。それが日本の不幸だ。
  かつて劣勢の自民党が社会党委員長を首相にしたように、民主党が下からの突き上げで亀井静香を後継首相にすれば、局面は変るだろう。亀井は、世界金融・経済恐慌の第2波襲来に直面して、生存の脅威から国民生活を守るために、リビアで実施を決定した「ベーシック・インカム」(全国民最低生活費永続国家支給)を実施すべき役回りだ。
  それは天命だが、それを拒否すれば、大いなる国難が必至である。

[参考資料] オルタナティブ通信2010.1.18号「暴力団のトップに居座り、暴力団から金を巻き上げる犯罪組織=警察・検察トップ=検事総長が、小沢一郎摘発をデッチアゲタ」http://alternativereport1.seesaa.net/article/138664300.html 
週刊朝日2010.1.29「検察の狂気 これは犯罪捜査ではなく権力闘争である」
サンデー毎日2010.1.31「小沢逮捕 対 特捜解体全面戦争勝敗の分水嶺」


米国では1930年代の大恐慌期に犠牲で餓死した500万人以上を上回る
大量餓死が近づいている
 
2010.1.11                                  
  米国では失業が公式発表で10%とされているが、実際は17%以上と見られている。
  Newsland.ruの2010.1.9号によれば、食べ物を買う金に事欠く人々が益々増えて、食券入手を求める人々は7ヶ月連続で増えており、貧困者3500万人以上が緊急の食糧援助を要求している。オバマはまるで評論家のように「不安を起す状態だ」と言った。ロシア人はコメントで「我々の生活水準、それは彼らの死の水準だ」と書いた。ロシアの方がよっぽど深刻だということだ。コメントに+68のランキングが付いた。日本のマスゴミ電子版では、コメント欄がない。一方通行だ。日本にはジャーナリズムがない。
http://newsland.ru/News/Detail/id/450132/

  ロシアでは7,400万人の働く者のうち5,500万人は5,000〜10,000ルーブル=¥15,000〜¥30,000の賃金で、その2/3は公共料金(家賃、電気水道ガス代)で消えている。結果、半ば乞食のような生活だという。

  米国では1930年代の大恐慌で500万人以上が餓死した。当時米議会は、統計を犯罪的操作で偽造して、真相を発表しなかった。米国社会は邪悪だ。しかし21世紀の現在に至ってやっと外国で、Newsland.ruが暴露して真相が明らかになった。今は当時を上回る深刻な経済恐慌だ。その第2波が始まっている。間もなくドル崩壊が起り、FRB、イングランド銀行、それらのボス‐バチカン銀行が倒産する。ドル崩壊に続いてポンド、人民元、円、ユーロも崩壊する。
  それまではベーシック・インカムが有効な対策だが、米国では陰の独裁支配者ロックフェラーが許さない。経済破綻の米国にはその財政資金もない。だからオバマには出来ない。以前にここで書いたように、ロックフェラーはそのオバマ政権を打倒するネオナチ・クーデターを計画している。ブッシュ時代以来ペンタゴン・トップの将軍グループを先頭に、逆クーデター派が動いている。Benjamin Fulford記者のブログによれば、米国を支配するイルミナティ・メンバーのヘンリー・キッシンジャーはじめ5人の仲間が09.12.12に殺されたという。
  米国では近く多数の餓死者が出るだろう。それでも、ロックフェラーの傀儡で世界最大のテロリスト−オバマはイラクとアフガニスタンの占領を兵力増派で続行中だ。経済破綻と飢餓・大量餓死の切迫で、USAは6ヵ国に分裂するが、それでも解決しない。飢餓と大量餓死の解決は、第2アメリカ革命以外にない。革命的解決は、野蛮で邪悪な貨幣制度の廃止、万事無償奉仕の新地球社会への移行の途を選択することにあるが、マスゴミの洗脳による拝金教信仰の人間の意識が変らなければ、悲劇が史上最大の規模で繰り返されることになる。

 日本では、民主党政権の鳩山・小沢らの「国民の生活が第1」というキャッチ・フレーズを、金権支配体制温存の騙しの決まり文句に終らせないために、亀井静香が以前にブログに書いたように「明治維新以上の抜本的社会改革」をベーシック・インカムから始めよ。政権交替を歓迎した世論は、自公政権下と大して変らない苦しい生活で、すでに醒めつつある。


米生物兵器−改良新種豚インフル・ウィルスに特効食品
2010.1.9
  Newsland.ruの報道によれば、静岡大の学者らは、緑茶の成分「カテキン」が、今の米国製改良新種豚インフル・ウィルスだけではなくて、インフル・ウィルス一般の発病予防にも、治療にも有効なことを研究と実験で実証した。
濃度の薄い緑茶も有効だと発表した。
カテキンがインフル・ウィルスを制圧するようだ。

緑茶の中でも抹茶が一番いいだろう。
「カテキン茶」という名で宇治茶の抹茶をチャック付きのビニール袋入りでスーパーで売っている。 ¥313で誰でも手に入る。毎日飲んでも1ヵ月はもつ。
以前にここで書いた、サウナ3分以上・3回、あるいは43℃以上の風呂3分以上3回という感染者の発病予防と比べて、緑茶を飲むのが一番簡単でいい。予防にもなる。
  改良新種豚インフル・ウィルスは米国の生物兵器で、ロックフェラー>ブッシュ>ラムズフェルドらネオコンが、世界人口大削減の人類ジェノサイドを目的に、ステルス機で世界中の上空から09年4月にばら撒いた。潜伏期は1, 3, 6ヵ月だったが、しかし創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令でプレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊がウィルス死滅措置をとった結果、WHOがパンデミック(世界的大流行)と危険度5の宣言をしたが、世界的な大量死は発生しなかった。NHKの報道によれば、感染は軽症に留まり、感染者数は減少し続けている。こうして、世界最大のテロリスト国家米国による前代未聞の巨大犯罪は、基本的に失敗に帰した。
  そこであせった世界最大のテロリスト国家組織CIAは、世界人口大削減のジェノサイドを、今度は日本の青森県北端にある6ヶ所村の核燃料再処理工場の2010年6月大爆発事故で計画していたが、これも創造主らの宇宙ブロックス管理界と銀河連邦新指導部の御陰で阻止された。CIA本部は最近一掃された。


[新情報]
房総半島沈没の仕組は中止された

2010.1.8
  房総半島沈没の仕組は短期間に日本沈没と重複している。従って、創造主らの宇宙ブロックス管理界は、それを日本沈没へ発展的に解消して、房総半島沈没を中止すると決定された。
  これで、房総半島沈没、関連した東京直下大地震、大津波の襲来、関東メガロポリスと日本経済の壊滅は、当面なくなった。
  08年4月にも同じ決定が行われたが、極々一部の保守反動根元らの妨害で先送りに留まっていた。しかし房総半島沈没が目前に切迫してきた状況下で、今回改めてさらに上から是正措置がとられた。


露・中の全核兵器も一掃された 
同時に米・英・NATOの空軍戦力も一掃された

2010.1.4
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令に従って、
プレアデスを指導勢力とする銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊により、瞬間消滅オペレーションで、2010.1.3に露・中の全核兵器が一掃された。
  これと関連して、東西の軍事バランスと米・英・NATOの好戦性・侵略性を考慮に入れて、米・英・NATOの空軍戦力も全部一掃された。
  無論、沖縄の普天間米軍ヘリ部隊を含めて、全沖縄占領米空軍部隊、在日米空軍の全戦力が銀河連邦宇宙連合艦隊によって一掃された。
  また、在韓米空軍戦力も全部一掃された、と知らせがあった。

  時事通信2010.1.1元旦の報道によれば、鳩山、菅、小沢、前原、岡田、北沢らは、普天間米軍ヘリ基地の辺野古への移設を承認した。
  そうした暗い売国的裏切り行為の直後に伝えられた、この偉大な変革は2010正月の明るく素晴らしい地球と宇宙の安全・平和に寄与する出来事になった。

[解説]
  米・英・仏・NATO・イスラエルの核兵器は、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令に従って、08年7.24〜10.5に銀河連邦新指導部の宇宙連合艦隊により消滅作戦で一掃された。その結果東西の軍事バランスが米国に極めて不利に一変した。その後NATO諸国−独、ベルギー、オランダ、トルコに配備されていた米国戦術核ミサイルも銀河連邦新指導部の分遣艦隊により09.12.17に一掃された。そうした米軍備の激変がなければ、するはずのない核兵器廃絶の呼びかけを、ロックフェラーの傀儡オバマ米政権は唱えて、イラク、アフガン侵略・占領の世界最大の国家テロリストB.オバマは「ノーベル平和賞」を受賞した。
  オバマ米政権は、核兵器の補充生産・再配備を試みたが、試射直前のICBMミニットマン‐3は09.8.21に一掃された。補充生産は阻止されている。そこで米オバマ政権はNATOと共にロシア国境のポーランド、ウクライナ、グルジアでMDレーダー、ミサイルの配備計画を推進しており、これで露の戦略核ミサイルを無力化し、米ブッシュ政権以来のペンタゴンの戦略に従って、通常兵器と生物兵器など核以外の大量破壊兵器によるロシア侵攻の第3次大戦を計画、占領で石油・ガス資源乗っ取りを計画している。

プーチンは09.12.31に、Newsland.ruの報道によれば、これに対抗するため攻撃戦略核ミサイルの技術革新の意向を固めた。その際プーチン・メドヴェージェフ政権は、最近彼らが再確認した核兵器先制使用のロシア軍事ドクトリンの堅持に基づく措置として、これを推進することになる。
  しかしプーチンは、それが地球破壊の核ミサイル体系に転化することを認識していないか、或いは認識していながらも地球破壊の危険を冒す決意であることを、彼の決定が示している。ロシアの核ICBM(大陸間弾道ミサイル)更新による「防衛」措置は地球の破壊措置に転化する。プーチンはこうした弁証法を認識・理解する能力を持たない低脳でないとすれば、そうした認識・理解を故意に拒否している。これは、レプティリアン変身体のプーチン、メドヴェージェフが米英支配層のレプティリアン変身体らと同様に、地球破壊を何とも思わない無責任なエイリアンらだということを示している。従って創造主らの宇宙ブロックス管理界は、露・中の核兵器解消措置が必要になったと、判断された次第である。
  しかし他方では、その実施だけに措置を限定すれば、通常兵器の力のバランスが西側に有利に変るから、第3次大戦防止のためには米・英・NATOの空軍力一掃も必要であった。だから露・中の核兵器一掃と同時に米・英・NATOの空軍力一掃が実施された。これで、日本の主として広島、長崎の人民の核兵器廃絶を目指す結集した思念が、創造主らに届いて、インド、パキスタン、北朝鮮の核兵器だけは残っているが、実ったことになる。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2010.1の今通常国会で国民生活防衛の総合対策を決めないと 鳩山内閣の役割は終りだ 創造主ら地球大掃除/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる